前日でもJRの特急券をお得に払い戻す方法

鉄道での旅行が突然中止になってキャンセルする、列車に乗ろうとしたものの台風・地震等の災害で行けなくなりきっぷを払い戻したことはありませんか?今回はJRの場合の払い戻しのお得な方法について書いていきます。会社によって多少の違いはありますが、他の鉄道会社についても応用できるかと思います。

JRの変更・払い戻しとは

 

それぞれ事情はあるかと思いますが、JRでの旅行を中断する場合、使用しなくなったきっぷの処理の方法としては、「変更」と「払い戻し」があるかと思いますが、まずはこの両者の違いについて簡単に説明します。

変更・・・使用しなくなったきっぷを他の日程、他の列車、他の区間等へ振り替えること。基本的には購入後1回までなら手数料無料での変更が可能となります。ただし、変更前と変更後で差額が発生する場合はその料金は発生します。2回目以降の変更は一旦払い戻しをしてから、再度購入することになります。

払い戻し・・・使用しなくなったきっぷを不要なものとして手続きを行い、購入した際支払った現金に戻す方法(クレジットカードでの購入の場合は使用したカードへの返金が基本となります)。購入方法や払い戻すきっぷの種類、払い戻しの時期により手数料が異なります(後述します)。

要するにきっぷを予定を変えて手元に残しておくのを変更、不要なものとしてお金(手数料)を払って手放し現金にすることを払い戻しと言います。

なお、払い戻しの場所ですが、

現金・クレジットカードで購入の場合・・・駅の精算所、みどりの窓口、払い戻し専用窓口(大阪駅等大きな駅に設置されていることが多いです)→全国どこの駅で購入したものでも払い戻しが可能です(クレジットカードでの払い戻しは以前は購入した駅のみでしか払い戻しが出来ませんでしたが、現在は購入した駅以外での払い戻しも可能となりました)。手数料が引かれた金額が払い戻される金額となります(クレジットカードの場合は購入したカードへの返金という形で処理されます)。

JR各社のインターネットの予約サービスで購入した場合は、自分で払い戻しの手続きを行うのが必要な場合が多いです(クレジットカード決済が基本となるものが多く、カードへの返金処理という形で行われます)。

払い戻しにかかる手数料

次にJRのきっぷの払い戻しにかかる手数料は以下のようになります。下の画像はJR東日本のものから引用しましたが、他の会社も同様の取扱いです。なお、台風・地震等自然災害により列車の運行が不可能となった場合は、こちらの手数料の規定は適用されず、手数料なしでの払い戻しとなる場合が多いです。

自己都合の場合の払い戻し手数料

きっぷの種類 払いもどし条件 手数料
普通乗車券
回数乗車券
定期券
急行券
自由席特急券
特定特急券
自由席グリーン券
使用開始前で有効期間内
(前売りの乗車券については有効期間の開始日前を含みます。)
220円
指定券 立席特急券 出発時刻まで
220円
指定席特急券
指定席グリーン券
寝台券
指定席券
列車出発日の2日前まで 330円
出発日の前日から出発時刻まで 30%、

ただし最低330円

トクトクきっぷ 商品ごとに異なりますので係員におたずねください。

このように、購入したきっぷの種類により異なります。こちらに記載の無いDXグリーン車・グランクラスは指定席グリーン券と同じ扱いとなります。特急券とグリーン券、特急券と寝台券、急行券と指定席券などを1枚で発行した場合の払いもどし手数料は、グリーン券、寝台券、指定席券の分のみとなります(特急券・グリーン券それぞれに料金がかかるわけではありません)。

なお、JR各社でインターネットの予約サービス(JR北海道・東日本・・・えきねっと、JR東海・西日本・・エクスプレス予約、JR西日本・四国・・・e5489サービス、JR九州・・・JR九州インターネット列車予約サービス)の場合では払い戻しの手数料も異なりますが、上記の手数料よりは条件的に有利になる場合が多いようです。例えば、JR東海のエクスプレス予約ですが、乗車変更は発車前であれば何回でも無料で変更可能、乗車前の払い戻しの手数料は発車当日でも一律320円となります。これらのインターネットでの予約サービスの場合は駅できっぷに引き換える前にインターネット上での払い戻しの手続きの方が簡単で、手数料も安くなることが多いです(きっぷに引き換えてから、発車後の払い戻しは手続きが複雑で面倒になります)。できるだけインターネット上で払い戻しの手続きをしましょう。

上記インターネット予約サービスの払い戻しについての詳細は以下のリンクを御参照下さい。

えきねっと・・・http://eki-net.okweb3.jp/EokpControl?&tid=10777&event=FE0006

エクスプレス予約・・・https://expy.jp/faq/category/detail/?id=46

e5489サービス・・・http://faq.jr-odekake.net/faq_list.html?page=1&category=315

JR九州インターネット列車予約サービス・・・http://www.jrkyushu.co.jp/railway/netyoyaku/cancel/

災害・車両の故障等鉄道会社の事情による払い戻し

上記の自己都合の場合とは異なり、地震・台風等の自然災害、車両の故障等の鉄道会社側の事情による払い戻しは、基本的には当日でも手数料無料での払い戻しが基本となります。この場合の払い戻しについての対応はそれぞれの鉄道会社のHPを参考にしていただきたいのですが、災害の場合は払い戻しの窓口が混雑・混乱している場合も多いため、後日で良い場合もあるようです(その災害の発生時の鉄道会社のHPを参照し、その指示に従って下さい)。

なお、この場合の払い戻しは現金・クレジットカードどちらの場合でも駅の窓口での現金で払い戻しが基本となります(混乱の早期の収束を図る為、クレジットカードへの返金処理等は行われません)。各社のインターネット予約サービスで予約・購入し、きっぷの受け取り前であればそのままにしておけば手数料無しでの払い戻しとなる場合もあります(この場合も各予約サービスの指示に従って下さい)。

また、運休以外の場合でも、

新幹線・特急・急行列車が所定の時刻より2時間以上遅れて到着・・・特急・急行料金が全額払い戻し

寝台車(個室含む)・・・使用開始後~朝6時までの間に一部または全区間で使用できなかった場合は寝台料金の全額払い戻し

となります。また、出発した駅へ無料で戻ることもできます。

出発直前の上手な払い戻し方

次に出発直前の上手な払い戻し方について説明しようと思います。上の自己都合の場合の払い戻し手数料のところで赤くしておきましたが、新幹線を含む指定席は出発前日~出発時刻までの払い戻し手数料が購入金額の30%(ただし最低330円)と高額になります。このため、出発前日に冠婚葬祭等急な事情が入り、キャンセルする場合の払い戻し手数料は高額となります。

例えば、東京~新大阪までの「のぞみ」の普通車指定席の特急券(5700円)を駅の窓口で購入した場合、

出発日の2日前まで・・・払い戻し手数料=330円

出発日の前日~出発時刻まで・・・払い戻し手数料=1710円(5700円×30%)

となります。この非常に高額な払い戻し手数料を回避する方法を教えます、それは・・・

そのまま払い戻すのではなく、他の料金の安い列車の指定席に一度変更し、それから払い戻す

となります。どういうことかと言うと、出発前日に急にきっぷの払い戻しをしなければならない事情が発生し、上の例のような場合、駅の窓口でそのまま払い戻しをするのではなく、①一度明後日以降の他の列車に予約を変更し(できれば1か月くらい先の列車が良いです)、②その後で払い戻しを行う方法です。この方法であれば2日前までの列車の払い戻しとなり手数料は330円となり、前日の高額な払い戻しの手数料を払わず済みます。なお、この方法で払い戻す場合は払い戻す券が一度も内容を変更していない場合に限ります(一度でも何らかの変更をしていた場合、強制的に払い戻しとなりこの方法は使えません)。また、明後日等の列車に変更した場合、変更後に払い戻しに行くまでの期間が短くなりますので、なるべく1か月くらい先の列車に変更しましょう。なお、当たり前ですが払い戻す券より高くなる変更もしてはいけません(追加料金の支払いが必要になります)。

では、乗る意思はないのに払い戻しのためにどの列車に変更すれば良いのか?この点で迷われる方もいると思いますが、基本的には「比較的多くの本数が走行している、もともと料金が安い快速列車の指定席」良いかと思います。快速列車の指定席は、500円程度と特急列車や新幹線と比較して安く、変更した時点で差額が返金されます。ちなみに指定席のある快速列車で比較的本数が多いのは、「快速エアポート(小樽・札幌~新千歳空港)」、「快速マリンライナー(2階建車両の1階部分・岡山~高松)」「快速みえ(名古屋~伊勢市・鳥羽)」あたりかと思います。一番変更しやすいのは「快速エアポート」かと思います。一日を通して15分ヘッドで運転されており、その分座席も多いです。もともと乗る意思はない変更なので、適当な時間の列車で良いと思います。

お得な払い戻しの方法をまとめるとこうなります。前日に特急券の払い戻しが必要となった場合、

①明後日以降のなるべく遠い日の快速列車(「快速エアポート」がベスト)に変更し、差額を受け取る。

②変更した券を駅の窓口等に持参し払い戻す。

このことにより払い戻す手数料を最小限に抑えることができます。

ただし、この方法を使用した場合、乗る意思は無いのに快速列車の指定席を確保している状態になっており、本来他の方が座れるはずの席を奪っている状態にもなるため、払い戻しはなるべく早く行うようにしてください(マナーです)。特に、年末年始・8月のお盆期間・5月の大型連休等とお客様の多い時期と重なる場合は特に注意して下さい。

マナーを守って互いに気持ち良い乗車を心掛けましょう。

さいごに

今回はJRの特急券の、直前でもお得な払い戻しの方法を記事にしました。今回紹介したように、ほんの少しの工夫で、JRの特急券の払い戻しの手数料を抑えることは可能です。この方法は良い方法ですが、最後の方にも書いたように、本来座る予定のない座席を予約しており、その分本当に座りたい人が座れなくなる方法でもあるので、変更後の払い戻しはなるべく早くするようにしてください。自分の払い戻しの手数料を抑えるのももちろん大事ですが、お互いに鉄道を気持ち良く使えるよう配慮も必要かと思います。

この情報がこの記事を読まれた方の鉄道の旅のお役に立てば幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*