全国にたくさん!駅弁を知る

鉄道の旅を盛り上げてくれるものとして、食の愉しみ、駅弁があります。

日本では新幹線や特急列車の始発駅等に行けば大抵駅弁の売店があるかと思いますが、実は世界中で見ても駅弁があるのは日本と台湾くらいなものです。長距離の列車の多いロシアや中国では、駅で物売りは多くいますが、駅弁という形ではない個人の物売りとなります。

また、駅での販売だけでなく、各地の百貨店やスーパー等で行われる駅弁大会も数多く行われており、そちらで名物駅弁等の入手も可能になっています。

では、今回はそんな駅弁について簡単に触れていきましょう。

日本の駅弁の始まり

日本の駅弁の始まりは諸説ありますが、一般的には1885(明治18)年7月16日に日本鉄道の嘱託を受けた旅館「白木屋」が、この日開業した日本鉄道宇都宮駅で握り飯2つとたくあんを竹の皮に包んで発売したのが最初だと言われています。上の写真はその時の駅弁を再現したものです。

この説による駅弁の販売開始をした7月16日を「駅弁記念日」として、数多くの文献・メディアによって取り上げられています。

「駅弁」の定義をどう捉えるかにもよりますが、この宇都宮駅の駅弁は現在のような折詰に入ったものではなく、竹の皮につつまれていたものであることから、1890(明治23)年に姫路駅でまねき食品が販売した折詰に入った駅弁が、駅弁の最初であるとする説もあります。

また、名古屋駅でも1886(明治19)年5月の開業時より服部商店が弁当の立ち売りをしており、文献によればそれを杉の折箱に入れていたことから、こちらを駅弁の始まり、とする説もあります。

駅弁の販売形態

駅弁の販売形態も時代の流れとともにある程度変化している部分はありますが、駅弁の主な販売形態として以下のものがあります。

1.駅の売店での販売

2.列車の到着に合わせて、駅のホーム上で首から籠をぶら下げての立ち売り、または、カートに駅弁を載せての販売

3.百貨店・スーパー等の駅弁大会、ドライブイン等駅以外の場所での販売

1.が最も一般的な駅弁の販売形態で、駅弁の入手もここからの入手が多いかと思います。しかし、昔と比べ食事情が充実し、コンビニや駅ナカ事業が充実した今、駅弁の種類も減少傾向にあります。駅弁の業者も廃業に追い込まれるところと、他業種と併せて行うことで大きな収益を上げる業者と二極化の傾向があるようです。前者は個人事業者に多く、後者は資金的なゆとりのある企業で行っているところが多いようです。ちなみに現在、駅の売店で売っている駅弁の種類が最も多いのは仙台駅(東北新幹線・東北本線等)だそうです。

2.についてはかつてはこれが主流の販売方法である時期もありました。現在でも列車の到着に合わせた駅弁の立ち売りは行われていますが、列車の高速化、窓の開かない列車の増加等により縮小傾向にあり、現在行われているのは美濃太田駅(岐阜県・高山本線)、折尾駅(福岡県・鹿児島本線)、人吉駅(熊本県・肥薩線)、吉松駅(鹿児島県・肥薩線)等全国でも10駅程度しかないようです。なお、電話やインターネットで前もって申し込み、駅のホーム上で受け取れる駅もあります。また、イベントに合わせて敢えて立ち売りで販売を行う場合もあります。

3.の方法が以前よりも拡大傾向にあるように私は感じますが、1.の形態でも説明したように駅での販売量が縮小傾向にあり限界があるため、他の方法での販売に活路を見出した例です。デパートやスーパーでの駅弁大会は古くから行われており、1953(昭和28)年高島屋大阪店で始まったのが最初とされています。全国的に有名になったのは1966(昭和41)年京王百貨店新宿店で行われた「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」であり、この時にその当地でしか食べられない全国各地の駅弁が新宿に集まり、その当時としては斬新で大盛況となりました。このイベントは新宿の京王百貨店で現在でも毎年1月に行われています。

駅弁はそもそもの始まりが、駅で購入し鉄道の旅の途中で食事をするものでしたが、その地域ごとの特産品が弁当に入っているということで、駅だけでの販売ではなく、地域のドライブイン・高速道路のサービスエリア等、デパート等へ販売が広がった例もあります。この後紹介しますが、信越本線・横川駅の駅弁「峠の釜めし」や函館本線・森駅の駅弁「いかめし」等がその例です。

また、駅弁が作ってから時間が経過すると冷めてしまう性質があるため、駅弁の容器に発熱の機能を持たせ紐を引くと温まり美味しく食べられるものや、値段が比較的高いことから駅弁が敬遠されてきた部分もあるため、値段を下げてコンビニ弁当等対抗できるよう販売されたもの(NRE(日本レストランエンタープライズ)のO-bento=現在は販売終了)もあります。

全国の有名な駅弁

全国各地に駅があり、中には駅弁の枠を越えて世に知られた有名な駅弁もあります。全てをここで書くのは難しいですが、ここで有名な駅弁を中心に紹介していこうと思います。

・峠の釜めし(信越本線・横川駅)

信越本線・横川駅前にある「荻野屋」が製造している非常に有名な駅弁です。かつては、この横川駅と次の軽井沢駅の間には有名な碓氷峠があり、碓氷峠を越えるすべての列車が補助機関車の付け替えをしていました。この停車時間を利用して販売されていたのが「峠の釜めし」です。この駅弁が登場したころ(1958=昭和33年頃)は、どこの駅弁も似たり寄ったりで飽きられていたこともあり、荻野屋四代目社長高見澤みねじを中心に列車の乗客にアンケートをとったところ、「暖かく家庭的で楽しい弁当」との意見が多かったことから、誕生しました。保温性にもすぐれているとのことで、益子焼の釜が使われています。

かつては横川駅のホーム上で列車の停車中の販売が主流でしたが、1997(平成9)年北陸新幹線(長野新幹線)高崎~軽井沢間が開業したことにより、信越本線横川~軽井沢間が廃止されたことから、以後は横川駅での販売だけでなく、荻野屋直営の店舗、新幹線の車内、新幹線駅の構内(東京・上野・大宮・安中榛名・軽井沢・長野駅の一部売店)、長野県内のドライブイン、高速道路のサービスエリア(上信越道横川サービスエリア)、碓氷峠鉄道文化むら等横川駅以外での販売が主流となっています。

・いかめし(函館本線・森駅)

こちらも、「峠の釜めし」同様非常に有名な駅弁です。単なる森駅の駅弁としてだけではなく、北海道の名産品のひとつとしても知られています。この「いかめし」が登場したのは1941(昭和16)年の第二次世界大戦中で、戦時体制中における食料統制で米が非常に不足していました。このため、当時地元で豊漁であったスルメイカを用い、米を節約する料理として考案されたものです。当時はソ連の侵攻に合わせて北海道に配置された兵士が乗った列車が乗り入れており駅弁として販売したところ、もち米入りで評判も良かったようです。その後前述した、1966(昭和41)年京王百貨店新宿店で行われた「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」に出したところ一躍有名になり、第2回目の同大会では売り上げ一位となり駅弁大会の常連となりました。現在では各地の駅弁大会には必ず出てくるほどの常連となっており、非常に人気な駅弁です。

・ますのすし(北陸新幹線・高山本線・あいの風とやま鉄道富山駅)

もともとは、富山の郷土料理ですが、鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けをした押し寿司の一種です。木製のわっぱの中に笹を放射状に敷き、塩漬けに後に味をつけた鱒を載せ、酢飯をつめ、笹を折り曲げ包み込み、その上から重しをして作ります。一段のものと二段重ねのものがあります。食べる時には付属のプラスチック製の小型ナイフで切り分けながら食べます。昔は富山県の神通川流域に遡上していた鱒を使っていましたが、遡上量が少なくなってきたことから、現在は北海道産・外国産のものが使われるのが主流のようです。富山市内を中心に鱒寿司を作る業者は40ほどあり、それぞれの業者によって味や製法等の違いがあり多様ですが、駅弁として知られたのは1912年(明治45)年、業者の「源(みなもと)」による造語、「ますのすし」からのようですが現在は他の業者も「ますのすし」を名乗るところがあります。富山駅のみならず、近隣の金沢駅や高岡駅、さらには東京駅や大阪駅でも販売され、近隣の高速道路のサービスエリアでも販売されています。デパート等の駅弁大会でも良く登場し、全国的に非常に有名な駅弁です。

さいごに

今回は駅弁の歴史・販売形態・全国でも非常に有名な駅弁を簡単に紹介してきました。ここでは紹介しきれなかった楽しい駅弁はまだまだ全国にたくさんあります。

旅のお供としての駅弁、駅弁大会で味を楽しむ、いろいろな楽しみ方はあると思いますが、地域の特色が現れた個性豊かな駅弁、是非楽しんでみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*