列車で行く高山本線の旅

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

前回の記事では飛騨の小京都、岐阜県高山市について紹介しましたが、今回は高山市に至る鉄道、JR高山本線について取り上げようと思います。

高山本線とは

高山本線とは、岐阜県のJR岐阜駅と富山県のJR富山駅を結ぶ全長225.8Kmの路線です。高山本線は岐阜側からは高山線として、1920(大正9)年に最初の岐阜~各務原が開通、富山側からは飛越線として1927(昭和2)年に最初の富山~越中八尾間が開通しました。その後順次延伸していきました。

高山線は飛騨小坂駅まで1933(昭和8)年に開業し、飛越線も同年坂上駅までが開通しました。残った飛騨小坂駅~坂上駅までが繋がり、全線開通したのは翌1934(昭和9)年のことです。一時は電化して振子式の電車を走行させるという案もあり、1980(昭和55)年に高山駅で電化工事の起工式が行われましたが、中止され単線非電化で現在に至ります。

1987(昭和62)年のJR化後は岐阜県の部分である岐阜駅~猪谷駅(猪谷駅は富山県)間はJR東海が、富山県内(全て富山市の駅ですが)の猪谷駅~富山駅まではJR西日本の所属路線となっています。境界駅の猪谷駅はJR西日本の管轄です。

高山本線は岐阜駅を起点に岐阜県を縦に縦断するため、非常に山深い所を走行しています(特に上麻生~猪谷間)。そのため、日本ライン・飛水峡・中山七里等景色のきれいなところが多いのも魅力のひとつです。これらの箇所については後ほど紹介していこうと思います。

高山本線の運行形態

 

次に、高山本線の運行形態について紹介していきます。高山本線内に駅は全部で45駅(岐阜駅含む)ありますが、大部分が山間部の人口の少ないところを走行するため、有人駅の数が少ないです。以下の駅が有人駅となります。

有人駅・・・岐阜・鵜沼・美濃太田・白川口・飛騨金山・下呂・飛騨萩原・高山飛騨古川・越中八尾・速星・富山

※オレンジの文字の駅がJRが直接管理する直営駅、黒字の駅がJRの子会社等が管理する業務委託・簡易委託駅となります。富山駅の北陸新幹線部分はJR西日本の直営となりますが、在来線部分の管理はあいの風とやま鉄道の管理となります。なお、会社境界駅の猪谷駅は無人駅です(特急「ひだ」の乗務員交代があるため、乗務員用の詰所はあります)。

高山本線には特急「ひだ」と普通列車が走行していますが、岐阜~富山間の全線を走行するのは特急「ひだ」の数往復のみで、普通列車は途中の美濃太田・下呂・高山・飛騨古川・猪谷・越中八尾で系統が分割されています(一部これ以外の区間運転の列車あり)。車庫は美濃太田駅と高山駅にあります。

高山本線の中で、列車の本数が比較的多いのは、名古屋・岐阜の近郊区間である岐阜~美濃太田間と、富山の近郊区間である富山~越中八尾間です。他の場所は普通列車の間隔が数時間程度空く場合があります。

このように、区間ごとに運転の本数に開きがあるため、ここでは主な区間ごとにわけて紹介していこうと思います。なお、全て定期列車の本数で記入しておきます(高山祭・下呂温泉花火大会・越中八尾おわら風の盆等開催時臨時列車あり)。

・特急ひだ

高山本線を走行する唯一の特急列車です。JR東海発足後、最初に新製車両が投入されたのがこの列車でした(キハ85系)。定期列車では以下の本数が運行されています。基本的には名古屋発ですが、1往復のみ大阪始発が加わります(大阪始発着は高山~岐阜まで名古屋発着の「ひだ」と併結して走行します)。

基本的にはキハ85系の3両または4両編成で運行され、グリーン車も連結されています(先頭車の場合と、中間車の半室グリーン車の場合があります)。名古屋~飛騨古川・富山の場合はいずれか2編成を組み合わせた6~7両編成(最大10両編成)で運行されますが途中の高山で1編成が切り離され(主にグリーン車の無い編成)、残り1編成(3両もしくは4両)で終点まで向かいます。名古屋~高山のみ運行の場合は、3両もしくは4両の1編成のみでの運行が多いです(グリーン車の連結されない列車もあります)。なお、全区間通して車内販売はありませんのでご注意下さい(かつては名古屋~高山で車内販売がありました)名古屋発着の列車は岐阜で進行方向が逆となる為、高山本線内の進行方向に合わせて、名古屋~岐阜間は逆向きでの走行となります(約20分)。

運転区間・・・名古屋~高山=1日5往復

名古屋~飛騨古川=1日1往復(岐阜で大阪始発着の「ひだ」と併結)

名古屋~富山=1日4往復(途中の高山で一部の車両増解結あり)

大阪~高山=1日1往復(岐阜で名古屋~飛騨古川間の「ひだ」と併結)

※大阪~大垣の「ひだ」停車駅で大阪始発着の高山行「ひだ」に乗車し、併結列車で飛騨古川まで乗車の場合は特急料金は通算されます。

・普通列車

高山本線の普通列車は、大きく分けるとJR東海区間の岐阜~猪谷、JR西日本区間の猪谷~富山間で分断されており、全線直通の普通列車はありません。ここでは、JR東海区間(岐阜~猪谷)とJR西日本区間(猪谷~富山)に分けて紹介します。今回は全て下り(岐阜→富山)で紹介してあります。

・JR東海区間の普通列車

大きくは岐阜~美濃太田・美濃太田~下呂・下呂~高山・高山~猪谷で別れますが、それぞれに特徴が異なります。車両は1枚目の写真のキハ75(岐阜~下呂)系と、2枚目の写真右側のキハ25(岐阜~猪谷)系が使用されています。かつては、2枚目の写真左側のキハ40系も使われていました。

岐阜~美濃太田・・・岐阜市の近郊区間であり、高山本線で最も本数の多い区間です。岐阜~美濃太田の区間運転が基本ですが、約半数は太多線・多治見駅までの直通運転となります。概ね30分に1本の運転です。岐阜~美濃太田・太多線多治見までの列車がほとんどですが、1日に10本(平日・土休日は11本)美濃太田から太多線に入らず、高山本線をそのまま走行する普通列車もあります。

岐阜からの内訳・・・岐阜~美濃太田経由多治見(太多線) 16本(土休日・15本)

岐阜~美濃太田 11本

岐阜~下麻生・白川口・飛騨金山・下呂(土休日のみ) 各1本

岐阜~高山 5本

岐阜~飛騨古川・猪谷 各1本

合計 37本/日

美濃太田~下呂・・・ここから一気に列車の本数が減り、3時間近く列車の間隔が空く時間帯もありますので注意して下さい。岐阜始発だけでなく、美濃太田から数本始発列車が追加されます。最も少ない焼石~下呂間で1日12本の普通列車が走行しています。

美濃太田からの内訳(岐阜始発含む)・・・美濃太田~下麻生・白川口・飛騨金山 各1本

美濃太田~下呂 2本

美濃太田~高山 7本

美濃太田~飛騨古川 1本

美濃太田~猪谷 2本

合計 15本/日

下呂~高山・・・美濃太田~下呂間より更に本数が減少し、最大で5時間程度間隔が空きます。下呂~高山1本が追加される以外は、全て岐阜・美濃太田からの列車10本と合計で11本となります。なお、下呂~高山間の列車のうち、高山を午前4時台に発車する始発列車と、下呂を23時台に出発する最終列車は停車駅にご注意下さい(禅昌寺・上呂・飛騨宮田・渚・飛騨一ノ宮駅を通過します)。

下呂からの内訳(岐阜・美濃太田始発含む)・・・下呂~高山 8本

下呂~飛騨古川 1本

下呂~猪谷 2本

合計 11本/日

高山~猪谷・・・高山で運転系統が分断されており、岐阜~飛騨古川・猪谷間の2本以外は高山からの始発で、高山~猪谷・6本、高山~坂上・1本、高山~飛騨古川・3本が追加されます。高山本線で最も本数が少ないのが、杉原~猪谷間で、1日8本となります。かつてはJR西日本の車両により、高山~富山間の普通列車もありましたが、現在は猪谷までとなっています。

高山からの内訳(岐阜・美濃太田・下呂始発含む)・・・高山~飛騨古川 4本

高山~坂上 1本

高山~猪谷 8本

合計 13本/日

・JR西日本区間の普通列車

岐阜からの普通列車は全て猪谷までで運行を終了し、ここからはJR西日本の管轄となります。JR西日本の区間は写真のキハ120系での運行です。

猪谷~富山・11本、富山~越中八尾・10本、速星~富山・1本の運行があり、概ね1時間に1~2本の列車が走行しています。

猪谷から富山の内訳・・・猪谷~富山 11本

越中八尾~富山 10本

速星~富山 1本

合計 22本/日(富山駅に到着する本数)

※青春18きっぷで旅行をされる場合は、美濃太田~富山間で列車の時刻に注意が必要です(猪谷・越中八尾~富山間も日中は1時間に0~1本となる時間があり、越中八尾~猪谷間も3時間ほど空く時間帯があります)。

高山本線の観光・撮影名所

山深いところを走行するJR高山本線、列車の観光・撮影名所も数多くありますので、ここではそれを紹介していきます。

・日本ライン(鵜沼~坂祝間)

写真は高山本線の線路を対岸から見た景色となります。岐阜~古井間で高山本線は木曽川の近くを走行しますが、途中の鵜沼~坂祝間で木曽川・国道21号線・高山本線の線路が最も近接します。美濃太田(岐阜県美濃加茂市)~鵜沼(岐阜県各務原市)の対岸の愛知県犬山市までの約13Kmの木曽川は、ドイツのライン川の景色と似ていることから「日本ライン」と呼ばれ、3月10日~11月30日まで川下りの遊覧船が運行されています。鵜沼駅で名鉄各務原線(新鵜沼駅)と接しており、対岸の愛知県犬山市には国宝・犬山城や日本モンキーパークがあります。

・飛水峡(上麻生~飛水峡信号場~白川口間)

「飛水峡の甌穴群」として、国の天然記念物にも指定されている峡谷です。高山本線の区間でいうと上麻生~白川口間にあたり、その途中の飛水峡信号場のあたりがここになります。高山本線と並行して走る飛騨川の流れで長年かけて削られた岩盤や、甌穴(ポットホール)が見ものです。なお、上の写真のように飛騨川対岸が撮影名所となっています。写真にはありませんが、写真右側を国道41号線が併走しています。

・中山七里(飛騨金山~下呂間)

高山本線最大の撮影名所となるのが上の写真の景色で、JR東海や下呂市等の観光案内・オレンジカードの図柄でも使用されていました。この場所は、高山本線・JR東海在来線最長の駅間距離でもある焼石~下呂間(12.6Km。JR東海の新幹線まで含めた最長駅間距離は米原~京都間・67.7Km(実キロ))にあります。厳密には上の写真の景色だけでなく、飛騨金山~下呂間を含めた約28Km(七里)が中山七里となります。飛水峡同様、飛騨川によって浸食された奇岩や怪石が見もので、春には桜、夏には蛍、秋には紅葉等四季それぞれの景色を楽しむことができます。車窓からでも様々な景色を楽しむことができます。

また、橋幸夫さんの歌「中山七里」はここが題材となった歌で、小説、歌舞伎等でも中山七里が題材になっているものがあります。

名称の「中山七里」は、豊臣秀吉の武将で飛騨一国の国主となった金森長近が、五つもの峠を越える旧道がいかにも不便なことから、天正14年(1586)年 に秀吉の許しを得て下呂と飛騨高山を結ぶ飛騨街道の建設に着手、険しい山中の飛騨川沿いの難所を約七里にわたって開いたことに由来しています。

さいごに

前回の高山市と違い今回は高山本線そのものについて紹介をしましたが、これまでにも紹介したように高山本線沿線は有名な観光地(高山・下呂・越中八尾=おわら風の盆等)や景勝地(日本ライン・飛水峡・中山七里等)が多く存在します。

次回は今回の記事では紹介できなかった高山本線の二大観光地のひとつで、全国屈指の有名な温泉街でもある上の写真の下呂について紹介しようと思います。

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*