新快速の停車駅と着席攻略法

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

関西・名古屋地区に在住の方ならば多くの方が知っているであろうJRの新快速。

普通列車よりも早い種別の列車ではありますがそれぞれの地区での位置づけの違いがあり、

名古屋地区では、快速系統の一種別としての位置づけ(快速よりも停車駅が少ない)ですが、

関西地区では競合私鉄との対抗上設定された最速達列車として、停車駅等何度も見直し・追加が行われてきました。

ここでは関西地区の新快速について取り上げていこうと思います。



新快速とは

関西地区における「新快速」とは、当時の国鉄が昭和45年10月に運行を開始させた種別で、当時は京都~西明石間の運転でした。

現在新快速は、敦賀・近江塩津・近江今津~米原~野洲~京都~大阪~西明石~姫路・播州赤穂・上郡間と、福井県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県にまたがる広い範囲で運転されています。最長距離を走行する列車は敦賀~播州赤穂(米原経由)の約276Kmを約4時間かけて走ります(途中の網干駅で敦賀からの編成は切り離されますので、厳密な通しではありませんが・・・)。これは東京からだと静岡県浜松までに匹敵する距離です。

現在の車両は、225系と223系車両が使用されており現在は8両と12両混在ですが、2017年3月ダイヤ改正により終日12両となります(夕方ラッシュ時の数本の大阪始発の新快速を除く)。

また、開業当初は最高速度が105Km/hでしたが、現在は130Km/hとなっています。これは特別料金をとらない列車では日本最速です。

現在の停車駅は 敦賀~(各駅停車)~近江塩津~(各駅停車)~米原・彦根・能登川・近江八幡・野洲・守山・草津・南草津・石山・大津・山科・京都・高槻・新大阪・大阪・尼崎・芦屋・三ノ宮・神戸・明石・西明石・加古川・姫路~(各駅停車)~播州赤穂または上郡 とかなり多くなっています。近江塩津から湖西線経由の場合は、近江塩津~(各駅停車)~近江舞子・堅田・比叡山坂本・大津京・山科となります。

使用車両も、

運転開始当初(昭和45年)の105Km/hの113系  から、

昭和47年には153系により  110Km/hとなり、

その後、昭和55年には117系  が導入され、

JR化後の平成元年には221系導入により、 120Km/となり、

阪神・淡路大震災後の平成7年、223系1000番台 が導入され、

平成12年には現在の130Km/h運転が開始となり、

尼崎の脱線事故(平成17年)により若干の余裕時分が設けられ、平成22年には

万が一の時の安全対策も強化された225系 が導入され、

現在に至ります。

この間最初は京都から西明石間日中のみ6往復の運転から、最大で現在の敦賀(福井県)から播州赤穂・上郡(ともに兵庫県)まで拡大し、

運転時間も現在は6時台から深夜の0時台までと大きく拡大しています。日中は多いところで15分ヘッド、朝夕ラッシュ時は最高7.5分の間隔で運転されています。

新快速の混雑度

このように様々な改善・拡大により便利になってきた新快速ですが、年々混雑も拡大しています。近年では大阪駅の改良工事による影響で混雑が更に激しくなり、平成29年3月のダイヤ改正では各列車とも終日12両となります(夕方の大阪始発列車を除く)。

ちなみに新快速の停車駅の一日あたりの乗降人員を見てみましょう(主要駅を抜粋)。赤字の駅は各府県最多の乗降人員の駅です。

敦賀・・・6730人(2014年)    長浜・・・8940人(2014年)

米原・・・9886人(2014年)    彦根・・・21018人(2014年)

近江八幡・・・34958人(2014年) 野洲・・・28098人(2014年)

守山・・・32044人(2014年)   草津・・・57258人(2015年)

南草津・・・58456人(2015年・滋賀県最多の乗降人員の駅)

石山・・・49192人(2015年)   大津・・・34502人(2014年)

山科・・・67824人(2015年)

京都・・・400088人(2015年・京都府最多・JR西日本第2位の乗降人員の駅)

高槻・・・127670人(2015年) 新大阪・・・111512人(2015年)

大阪・・・863486人(2015年・大阪府・JR西日本・西日本最多、日本第4位の乗降人員の駅)

尼崎・・・88250人(2015年)   芦屋・・・56962人(2015年)

三ノ宮・・・242644人(2015年・兵庫県最多・JR西日本第4位の乗降人員の駅

神戸・・・140408人(2015年)  明石・・・101790人(2015年)

西明石・・・63004人(2015年) 加古川・・・46512人(2015年)

姫路・・・103420人(2015年)  網干・・・14864人(2014年)

播州赤穂・・・7780人(2014年)

※米原・京都・新大阪の乗降人員には東海道新幹線の乗客は含めず。各駅乗車人員×2で算出。

京都・新大阪・大阪・姫路のようにJR他線との乗換の駅での人員も入る駅もありますが、そうでない駅(高槻・三ノ宮・神戸・明石)でも一日の乗降人員が10万人を超える駅が多くあります。

経験上乗車していて大きく乗客が入れ替わるのは、上記の駅のうち、京都・大阪の2駅ですが、三ノ宮・新大阪での入れ替わりも結構あるような感じです。特に青春18きっぷの時期はさらに混雑が激しくなります。

乗降客数最多の大阪駅での並ぶ様子のイメージは、「ラッシュ時には、ホームの反対側まで各ドア2~3列で並んでいる位の乗客数」です

着席狙いであるならば、大阪・京都・三ノ宮・新大阪での入れ替わりで狙ってみるのも良いかと思います。

始発駅(敦賀・長浜・米原・野洲・姫路・播州赤穂等)から乗車の場合でも、姫路の乗降人員が10万人以上と多いので、座れなかった場合は次の列車を狙ってみるのも良いのではないでしょうか。

新快速着席必勝法

本来であれば、新快速停車駅各駅ごとの階段の位置等から必勝法を書きたいところですが、すべての駅で降りているわけではないので、経験則に基づいた一般論で書こうと思います。

一般論ではありますが、この方法を使えば使えば何も考えずやみくもに並ぶよりかは座れる確率が格段に上がるかと思います。

1・前もってどの新快速に乗るのか決めておく・早めに並ぶ

なんでもそうですが前もっての計画は重要です。あらかじめ乗る列車を決めておけば、それに合わせて早めに駅に行くことができ、早めに並ぶことが出来ると思います。

2・なるべく新快速の始発駅から乗車する

あまりにも新快速の始発の駅から離れている場合は使用できませんが、始発駅から乗ると座れる確率は上がります。関西の新快速の停車駅で始発が多いのは、敦賀・長浜・米原・野洲・姫路・播州赤穂あたりかと思います。これらの駅からの乗車であれば途中駅からの乗車よりも座れる確率は上がります。

また平日夕方のラッシュ時に限り、京都・神戸方面とも大阪始発の新快速が数本あるので大阪から乗車の場合は、この始発の新快速の着席を狙ってみるのもアリかと思います。

下りの新快速において米原から座れなかった場合は、後発の普通(高槻から快速)に乗車し野洲で下車し、野洲始発の新快速で着席を狙うのも良いかと思います(野洲始発は1時間に1本のため注意は必要ですが・・・)。

3・大阪乗車の場合は、できるだけ尼崎・新大阪から乗車を

上記の新快速駅別乗降人員でもお伝えしましたが、新快速の乗車・下車とも最も多いのは大阪駅です。ラッシュ時には各ドアともホームの反対側まで2~3列の列が延び、まず座るのは無理です。そこでおすすめしたいのは、「大阪駅の隣の停車駅から乗車する」ことです

どういうことか具体的に言うと、上り京都方面へ向かう場合は尼崎から、下り神戸方面へ向かう場合は新大阪からの乗車です。どちらも大阪駅から3~5分程度で行け、折り返し乗車もしやすいです(普通乗車券の場合、本来はダメな方法ですが)。乗車した瞬間は混雑が激しいと思いますが、どちらの方向から来ても大阪駅で大量の下車があるため(概ね半分以上は大阪駅で下車します)、大阪駅のホームで並んでいる人よりも先に席を確保するチャンスにあたることが出来ます。この方法だとまず座ることができます。青春18きっぷで旅した時、私はよくこの方法で着席していました。

また、平日夕方であれば大阪始発の新快速の着席を狙うのも良いでしょう。ただし、大阪駅改札からホームに着いた時に同じ方向に向かう新快速が2本並んでいる場合があり、どちらが始発列車かわかりづらいので注意が必要です(37分発等中途半端な時間に出るのが大阪始発列車です)。電光掲示板で確認しましょう。

どこから乗車するかによっても1~3の使える方法が違いますが、これらの方法を使用することにより、新快速での着席チャンスは格段に上がるかと思います。



まとめ

 

阪急電鉄等私鉄との競合が激しい環境下で関西の人とともに成長してきた新快速、関西地区の旅にはなくてはならない存在で、混雑は激しいですが、上記のコツをつかめば座席に座りながらのゆったり旅も可能かと思います。

特に新快速では、神戸~明石までの須磨海岸の景色が抜群に良く、一見の価値はあるかと思います(舞子付近で、普通・快速の線路よりも高い場所を走るので見晴らしも抜群です)。

今回紹介しきれない部分も多いですが、この記事が関西地区、そして新快速の旅の一助になれば幸いです。また違う切り口で新快速を取り上げていける日が来れば、と思います。

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*