青春18きっぷで旅しよう(春休み編)

明けましておめでとうございます。昨年は「子どもの頃の夢をマイルで叶える旅(略して夢をマイルで叶える旅?)」に御付き合いいただき有難うございました。

今年も皆様に愛される記事をめざし、色々なことを記事にしていきますのでよろしくお願い致します。

今回は新春最初の記事として、「青春18きっぷ」について紹介しようと思います。

青春18きっぷとは

青春18きっぷとは、JRで販売されている乗車券で、主に春休み・夏休み・冬休みの期間に合わせて発売されています。

発売期間・使用可能期間は年ごとに違うのでJRのホームページ等で確認して下さい。

価格は5回分(一日乗り放題のきっぷが5回分書かれています)で11850円です。

JRの駅のみどりの窓口・指定席券売機・金券ショップ等で販売しています。

金券ショップの方が数百円程度安いようです。

金券ショップの場合は1回分~4回分での販売・レンタルもあります(店によって異なる)。

ネーミングは「青春18」とありますが、使用に年齢制限はありません。

一度に5人で1回で旅して使いきるも良し、一人で期間中に5回旅に出るも良し、2人で2回旅に出て残り1回分を金券ショップで売却するも良し、要するに5回分の使用の仕方は自由です。

乗車できるのはJR各社の普通・快速列車の自由席になります。特急・新幹線等には乗車できませんので注意して下さい(この場合特急券等だけでなく、乗車券も必要になります。ただし例外的に一部乗車可能な区間あり、その点は後述します)。

青春18きっぷの上手な使い方

青春18きっぷ1回分(1日分)の値段は2370円となり、上手に使えば非常に安く・遠くまで移動できます。

ただし、普通・快速列車にしか乗れないという制約もあるため、前もってどの列車に乗るか計画的な利用が重要です(時刻を調べず乗れるほど列車が多い場所は、首都圏・関西圏等かなり限られています。地方では一日に10本以下の場所も多いです)。

ここでは、計画を立てる時のコツを少し紹介します。

1・できるだけ雑誌(紙面)の時刻表を利用し計画を立てる

現在はインターネットの乗換案内のサイトが充実しており、それを使用して乗りたい列車の検索をしている方も多いと思います(私もですが・・・)。

一見便利ですが、乗換案内のサイトの大きな欠点として、前後の列車を含めた全体の情報が把握しづらいという欠点があります。

実はこれが計画を立てるにあたっては重要な要素です。

例えば、あなたがA駅からD駅まで行く場合に、A駅からC駅行きの列車に乗ったとします。終点のC駅でD駅行きの列車に乗り換えますが、そのD駅行きの列車はA駅とC駅の途中のB駅始発です。さて、この場合C駅から乗った方が座れるでしょうか?それとも始発のB駅からの方が座れる確率は高いでしょうか?↓

C駅の規模(他線との乗換駅・大ターミナル駅等)にもよりますが、一般的にはC駅よりも始発駅のB駅からの方が座れる確率は高くなります。

青春18きっぷ利用の旅は、一般的に一本当たりの列車の乗車時間が長くなりやすいため、座れるか座れないかは非常に重要な要素となります。

このため、乗る列車の状況しか把握できないネットでの検索の場合は、B駅からD駅の列車の情報を逃すことになります。

この現象は静岡地区のJR東海道線・中国地方(岡山・広島・山口県)のJR山陽線で起こりやすい現象です。

携帯のアプリ等でも時刻表はありますが、電池残量や電波状況に左右されない・ページをめくりやすいという観点からも雑誌の時刻表での計画作成をおすすめします。

また、18きっぷのシーズンのみ運行される夜行快速等もありますので、時刻表でその点もチェックしてみて下さい。時刻表の詳しい見方はまた別記事で紹介しようと思います。

2・ゆとりをもった計画を立てる

同じ料金でどこまででも行ける青春18きっぷの旅、日本の列車は全体的に接続を考慮した効率の良いダイヤの所が多く、

ついついみっちりつめつめの計画を立ててしまう方も見かけます。

ですがよく考えてみてください、

食事はどうしますか?突然トイレに行きたくなったらどうしますか?長時間の乗車で尻が痛くなりませんか?もし乗りたい電車が運転見合わせになったら?

計画をしっかり立てても、途中でそれがだめになることは意外と多いものです。

満員の電車での食事は意外と勇気が要ります。満員の電車でトイレに行くのは結構大変です(18きっぷのシーズンはいつもより混雑する列車が多いです)、トイレの無い列車もあります。駅でいつでも食事の類が買えるとは限りません。3時間以上の乗車は尻も結構痛くなります。6時間以上になると慣れていないと苦行です。運転見合わせになったらその先の計画が全てパーになる危険性もあります。

食事等旅の中休み、何かあった場合の緩衝剤としても、途中1時間程度の休憩を何回かはさんだゆとりのある計画の作成をお勧めします。また、何かあった場合のために多めにお金を財布に入れておくこともお勧めします。

3・時にはショートカットも考えて

ここではお金はかかりますが、新幹線・特急列車等で行程の途中をショートカットすることを意味します。これを行うのは2つのケースが考えられます。

1・行程全体が長く、途中でショートカットしないと行程が成立しない、または、ショートカットして時間の短縮を図りたい。

2・普通列車の本数が極端に少なく、特急・新幹線の方が本数が多く便利。

1・の場合は計画の見直しを・・・と言いたくもなりますが、そうも言えない場合もあるかと思います。概ね、普通列車ばかりで全体的に時間がかかる、もしくは新幹線よりも大回りなルートで時間がかかると言う場合がこれに当てはまると思います。

区間で言うと、東海道線(熱海~静岡~浜松、名古屋~米原等)、山陽本線(相生~岡山、広島~新山口、下関~鹿児島本線小倉等)、東北本線(宇都宮~仙台等)等が挙げられます。

2・の場合は県境付近・北海道等で起こりやすい現象です。JRの列車の本数は旅客の動きをもとに本数が決定されていますが、県を越える乗客がもともと少ない(大分県・宮崎県境、群馬・新潟県境等)やもともとの流動が少ない北海道内の普通列車がこれに当たります。この場合は特急列車の本数>普通列車の本数となっているところが多いです。なお、この区間の普通列車は18きっぷのシーズンには混雑することが多いです。

具体的には、以下の区間が挙げられます↓

  • 石北本線 上川〜遠軽間
  • 函館本線 滝川−深川間
  • 田沢湖線 盛岡−田沢湖間
  • 奥羽本線 福島−米沢間
  • 上越線  高崎ー越後湯沢間
  • 豊肥本線 宮地−豊後竹田間
  • 日豊本線 佐伯−延岡間

特に日豊本線・石北本線の該当区間は普通列車が1~2本/日しかないため注意して下さい。

1・の場合のショートカットについては、こちらのサイトに詳しく書かれているので良かったら参考にして下さい↓

1の場合・・・http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n148436

なお、ショートカットではありませんが、首都圏の普通列車のグリーン車もお勧めです。1000円前後の出費で移動の快適度が大きく違います。

青春18きっぷの例外


最初にも記入しましたが、青春18きっぷの大前提は「JRの普通・快速列車の自由席に一日乗り放題」となりますが、色々な事情による例外規定もありますので簡単に載せておきます。

JRの列車の例外規定
・普通・快速列車の指定席・グリーン車自由席・・・別途指定席・グリーン券を購入すれば利用可能。

・JR宮島航路 宮島口~宮島(青春18きっぷで乗船できる唯一の船)

・JRのBRT路線(東日本大震災によるJRの代行輸送手段)

・災害等JR線の不通区間の代行バス(JRの指定するものに限る)

・石勝線 新夕張~新得間・・・普通列車の運転がないため、特急の普通車自由席のみ乗車可能。この区間を越える場合は、乗車全区間の運賃・料金が必要。

・奥羽本線・新青森~青森間、日豊本線・宮崎空港線・日南線 宮崎~宮崎空港間・・・ごく短距離の区間で、特急の普通車自由席のみ乗車可能。この区間を越える場合は乗車全区間の運賃・料金が必要。

第3セクター移行による例外規定

・青い森鉄道の青森〜八戸間(かつての東北本線。東北新幹線開業により第3セクターに移行したため)。
(ただし、青森〜野辺地〜八戸を通過利用する場合のみ。青森・野辺地・八戸以外の駅で途中下車する場合は青い森鉄道の運賃が必要)

・あいの風とやま鉄道の富山〜高岡間(かつての北陸本線。北陸新幹線開業により第3セクターに移行したため)。
(ただし、高山線から城端線または氷見線へ乗り継ぐ場合、またはその逆で、富山〜高岡を通過利用する場合のみ。富山、高岡以外の駅で途中下車する場合はあいの風とやま鉄道の運賃が必要)

・IRいしかわ鉄道の金沢〜津幡間(かつての北陸本線。北陸新幹線開業により第3セクターに移行したため)。
(ただし、北陸線から七尾線へ乗り継ぐ場合、またはその逆で、金沢〜津幡を通過利用する場合のみ。金沢、津幡以外の駅で途中下車する場合はIRいしかわ鉄道の運賃が必要)

・道南いさりび鉄道の木古内~五稜郭間(北海道新幹線開業により、第3セクターに移行したため)
(別売の北海道新幹線オプション券(2300円)が必要。新幹線奥津軽いまべつ~木古内とセット)。

青字で書いたものは条件を満たせば18きっぷのみで特急に乗車可能緑字のものは北海道新幹線オプション券(2300円)を購入すれば18きっぷで新幹線の乗車可能なものです。ただし、青森~津軽二股(奥津軽いまべつ)、北海道新幹線・奥津軽いまべつ~木古内間とも列車本数が少ないので注意して下さい。

まとめ

繰り返しになりますが、青春18きっぷを最大限活用するためにはコツが必要になります。行き当たりばったりの旅も良いですが、ある程度の計画性は必要です。

18きっぷを最大限活用するためには、
1・できるだけ雑誌(紙面)の時刻表を利用し計画を立てる
2・ゆとりを持った計画を立てる
3・時にはショートカットも考えて

このあたりは重要な要素になるかと思います。

この記事を読み、青春18きっぷの旅の一助になればなと思います。冬の18きっぷの使用可能期間はもう短いため、春休みの旅行としてゆっくり行程を考えてはいかがでしょうか?また別記事でもいろいろ取り上げていこうかとは思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*