電車で行く東京から横浜の旅~概要編~

前回の記事で、名古屋から東京までお得に新幹線に乗車する方法がわかったかと思いますが、今回は日本一の都会でもある東京・横浜間の鉄道について紹介します。今回は個別の鉄道では取り上げず、歴史面・概要の紹介にしようと思います。

日本の鉄道の始まりの地

中学校や高校の歴史の授業で学ばれた方も多いと思いますが、日本の鉄道の始まりは、1872(明治5)年10月14日、東京の新橋駅(現在の場所とは異なる)と横浜駅(現在の桜木町駅付近)の間が開通したことに始まります。

日本の鉄道の歴史を簡単に紐解いていくと、鉄道を建設しようという動きは既に江戸時代の幕末期に遡り、当時の薩摩藩や佐賀藩、江戸幕府等にその動きがあったようです。公式な記録では、ジョン万次郎(中浜万次郎)が漂流した際アメリカの船に救われ、現地で乗ったのが日本人で最初に鉄道に乗った記録とされています。その後、ロシアのエフィム・プチャーチンやその後来日したアメリカのペリーが持ってきた品物の中に蒸気機関車の模型があり、佐賀藩が強く興味を示しました。

1855(安政2)年には、佐賀藩の田中久重らが、アルコール燃料で動く蒸気機関車の模型を完成させました。下の写真がその模型で、これが日本人が初めて作った蒸気機関車となります。↓

明治維新後の日本では、海運の物量が多くなり陸路での輸送手段が欲しかったことと、もともと人の多い東京~京都・大阪・神戸の移動手段や日本海側の貿易都市であった敦賀と米原の間の輸送手段として鉄道の建設を考えていたようですが、この頃丁度版籍奉還・廃藩置県がなされ、巨額の借金を各藩に押し付けられた格好になったことから、これらの鉄道の建設許可はおりませんでした。

また、この頃西郷隆盛等を中心に鉄道の整備よりも軍の強化を先に行うべきだとの考えも強く、今後のモデルケースとなる区間として、1870(明治3)年に最初に紹介した新橋~横浜間29Kmの建設が開始されました。この当時、日本の土木技術では鉄道の建設は不可能であったことや、鉄道発祥国であることを高く評価した結果からイギリスに技術・資金援助を要請しました。

1870(明治3)年、建築師長に就任したイギリス人エドモンド・モレルを中心に工事が開始され、1872(明治5)年10月14日、新橋~横浜間が開通しました。この時走行していた蒸気機関車・客車は全てイギリスからの輸入品で、機関士も全てイギリス人、運行ダイヤの作成もイギリス人が全て行っていました。また、開業時の運賃は、上等が1円12銭5厘、中等が75銭、下等が37銭5厘であったが、下等運賃でも米が5升半(約10kg)買えるほど高額だったようです。

なお、この時イギリスより輸入した蒸気機関車のうち1両(12号機関車・上の写真)は、愛知県犬山市の博物館明治村で実際に乗車することができます→http://www.meijimura.com/enjoy/sight/sl/(博物館明治村・12号機関車等HP)

※鉄道が開通した1872(明治5)年当時はまだ旧暦を使用していましたが、紹介の便宜上この記事では全て現在の新暦(グレゴリオ暦)で紹介しました。

現在の東京から横浜の鉄道

上記のように、イギリスの技術から始まった東京~横浜間の鉄道でしたが、現在はその当時と比べると人口も大きく増加し、鉄道の路線も増えています。それぞれの路線の詳しい紹介はまた別記事で紹介していこうと思いますが、JR(旧国鉄)・私鉄で東京~横浜間を結ぶものを簡単な紹介とともに列挙していこうと思います。

東京の場合、東京駅・品川駅・新宿駅・渋谷駅・池袋駅等それぞれターミナル駅があり、それぞれの場所からの横浜駅までの場所を紹介していきます。なお、横浜側はすべて横浜駅または新横浜駅でそろえてあります。

東京・品川から横浜

・JR東海道新幹線

一般的には東京から静岡・名古屋・京都・大阪方面等長距離のアクセスに使用されることが多いですが、横浜市北部(港北区等)への移動には便利で、朝ラッシュ時等も含め、東京・品川~新横浜間の移動に使われています。横浜側の駅が新横浜駅となるため、横浜市中心部への移動には不向きかと思います。

途中の駅は品川のみで、東京・品川・新横浜とも全ての列車が停車します。所要時間は約20分です。

乗車料金・・・東京~新横浜・1360円(乗車券・自由席特急券合計)

品川~新横浜・1270円(乗車券・自由席特急券合計)

・JR東海道線

路線の名目上は東京駅が起点となりますが、2015(平成27)年の上野東京ラインの開通により東京駅発着の列車は少ないです。東海道線のみならず、宇都宮・高崎・大宮方面からも乗り換えなしで横浜に行くことが出来ます。また、東海道新幹線の駅の無い、神奈川県川崎市へのアクセスにも使えます。なお、湘南ライナー等ライナー系列車、通勤快速は横浜駅に停車しませんので注意して下さい。

途中の駅は、新橋・品川・川崎です(この間の途中の駅は京浜東北線をご利用ください)。所要時間は約26~27分です。

乗車料金・・・東京~横浜・470円(ICカード利用時464円)

品川~横浜・290円(ICカード利用時288円)

・横須賀線

上野東京ラインよりも歴史は古く、錦糸町・千葉方面と直通運転を行っています。こちらも品川から先、川崎市内へのアクセスにも使えますが、川崎駅ではなく新川崎駅(川崎市幸区)・武蔵小杉駅(川崎市中原区)経由で横浜駅に向かいますでの注意して下さい。また、特急成田エクスプレスも運行しており、成田空港へのアクセスにも使えます。なお、東京駅では地下ホームの発着となりますので注意して下さい(東京中央郵便局・丸ビル・地下鉄丸ノ内線東京駅等丸の内方面へはこちらの方が東海道線より近いです)。

途中の駅は、新橋(地下)・品川・西大井・武蔵小杉・新川崎です。所要時間は約30分です。

乗車料金・・・東京~横浜・470円(ICカード利用時464円)

品川~横浜・290円(ICカード利用時288円)

・京浜東北線

東海道線・横須賀線が急行線的な役割を果たす中、東京~横浜間の各駅に停車します。運行本数は非常に多いですが、約半数は途中の蒲田止まりになり横浜まで行かないこと、日中は東京~品川間で快速運転を行い停車しない駅(有楽町・新橋通過)がありますので注意が必要です。各駅に停車する分横浜までも東海道線・横須賀線よりも時間がかかります。横浜駅からは根岸線に直通しており、横浜市みなとみらい方面へ行くのは便利です。また、東海道線の止まらない駅での他線との乗り換え(大井町・鶴見等)も可能です。

途中の駅は、有楽町・新橋・浜松町・田町・品川・大井町・大森・蒲田・川崎・鶴見・新子安・東神奈川です。所要時間は約37~40分です。

乗車料金・・・東京~横浜・470円(ICカード利用時464円)

品川~横浜・290円(ICカード利用時288円)

・京浜急行線(京急線)

東京~横浜間のアクセスの中で唯一の私鉄となります。JRよりも線形の悪い区間は通りますが、本数もJRよりも多く、快速特急等優等列車も料金不要で乗車できます。また途中の京急蒲田駅で、羽田空港方面への列車が分かれており、羽田空港へのアクセスもできます。時間はかかりますが、成田空港への他線経由の直通列車も運行しています。東京側のターミナルは品川駅となり、東京駅に行かないので注意して下さい。なお、朝晩のウィング号は全て横浜駅に停車しませんので注意して下さい。快速特急利用時の品川~横浜の所要時間は約20分です。

乗車料金・・・品川~横浜・300円(ICカード利用時298円)

渋谷・新宿・池袋から横浜

・湘南新宿ライン

新宿・渋谷・池袋等東京の副都心から横浜を結ぶ列車となります。池袋から先は、上野東京ライン同様宇都宮・高崎・大宮方面と直通しています。上野東京ラインとは違い、横浜駅から先は各駅停車の役割を果たします。こちらは川崎駅は経由せず、西大井から先は横須賀線の線路を走行します。

途中の駅は、池袋・新宿・渋谷・恵比寿・大崎・西大井・武蔵小杉・新川崎です。新宿駅からの所要時間は約37分です。

乗車料金・・・新宿~横浜・550円(ICカード利用時550円)

池袋~横浜・640円(ICカード利用時637円)

渋谷~横浜・390円(ICカード利用時388円)

・東急東横線

かつては全ての列車が渋谷止まりでしたが、東京メトロ副都心線との直通運転が始まったことにより、埼玉県所沢・川越市方面との直通運転となりました。JR新宿駅に相当するターミナルは新宿三丁目駅となります。横浜側のターミナルは元町・中華街駅となり、池袋・新宿・渋谷方面からみなとみらい・横浜中華街方面へのアクセスに便利です。JRの湘南新宿ラインよりも乗車料金が若干安くなっています。新宿三丁目駅から直通特急で約35分です。途中で武蔵小杉駅も経由します。

乗車料金・・・新宿三丁目~横浜・440円(ICカード利用時432円)

池袋~横浜・470円(ICカード利用時462円)

渋谷~横浜・270円(ICカード利用時267円)

どの路線が便利なのか?

ここまでで紹介してきたように、東京~横浜間には多くの路線が走り、非常に便利な区間であると言えます。首都圏在住の方はご存知かもしれませんが、東京~横浜の沿線にある場所で、どの方面へ行くのにどの路線が便利なのか、こちらでは記載していこうと思います。なお、今回掲載した6路線のうち、東京・品川を基準に最も乗換回数の少ないもので記載します。

羽田空港・・・京浜急行線(品川・横浜方向とも多数の直通列車が出ています。列車によっては途中の京急蒲田で乗り換えが必要です)。空港内に羽田空港国際線ターミナル駅と羽田空港国内線ターミナル駅があります。

平和島競艇場・・・京浜急行線平和島駅・大森海岸駅より徒歩10分。

自由が丘・・・東急東横線(自由が丘駅下車が最も便利です。駅を中心として雑貨屋・スイーツの飲食店・美容院等が多数並んでいます)。

日産スタジアム(2002年日韓ワールドカップ決勝戦開催地)・・・東海道新幹線新横浜駅下車徒歩約15分

横浜アリーナ・・・東海道新幹線新横浜駅下車徒歩約5分

横浜中華街・・・みなとみらい線(東急東横線より直通運転)元町・中華街駅より徒歩すぐ

まとめ

今回は日本の鉄道の発祥の地でもある、東京~横浜間を昔と現在の鉄道とで記事にしてみました。昔は鉄道会社間での競合はありませんでしたが、現在は東京~横浜、新宿~横浜のどちらでも、JRと私鉄が競合しています。今後、この競合についても記事にしていこうかとは思います。

どちらも魅力的な場所の多い東京と横浜、よろしければ日本の鉄道発祥の地として思いを馳せてみせて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*