全国にたくさん!駅弁を知る

鉄道の旅を盛り上げてくれるものとして、食の愉しみ、駅弁があります。

日本では新幹線や特急列車の始発駅等に行けば大抵駅弁の売店があるかと思いますが、実は世界中で見ても駅弁があるのは日本と台湾くらいなものです。長距離の列車の多いロシアや中国では、駅で物売りは多くいますが、駅弁という形ではない個人の物売りとなります。

また、駅での販売だけでなく、各地の百貨店やスーパー等で行われる駅弁大会も数多く行われており、そちらで名物駅弁等の入手も可能になっています。

では、今回はそんな駅弁について簡単に触れていきましょう。

続きを読む

電池で走る男鹿線新型車両、ACCUM(アキュム)

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

秋田に関する記事も今回で第3弾となりますが、今回は2017年3月4日(土)にデビューした男鹿線の新型気動車EV-801系、通称ACCUM(アキュム)について取り上げようと思います。

続きを読む

そうだ、お得に秋田へ行こう

東北地方では北の方に位置する秋田県、今年で秋田新幹線が開業し20年となり、写真のなまはげ等名物・観光名所やきりたんぽ・海の幸等美味しいものが多い場所でもあります。

今回はそんな秋田県について、秋田新幹線のお得な行き方と関連させながら記事を書いていこうと思います。

続きを読む

連結して走る世界最速コンビ、こまち・はやぶさ

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

前回の記事では新幹線の「こだま」について書きましたが、今回は日本の新幹線の中でも最速のコンビについて紹介しようと思います。

 

続きを読む

お得に乗れる新幹線こだま

新幹線の「こだま」をご存知でしょうか?東海道新幹線が開通する前は、東海道本線の東京~大阪を約6時間で結んでいた特急列車でしたが、東海道新幹線が開通後は、新幹線停車駅の全部の駅を停車しながら走行している新幹線です。今回はこの、「こだま」について紹介していこうと思います。

続きを読む

奈良県を通っていない奈良線

関西地区の方にはお馴染みかもしれませんが、京都~木津間を結ぶ路線で「JR奈良線」があります。

伏見稲荷大社や平等院等で有名な宇治、そして奈良を結ぶ路線で、沿線に多くの観光資源がありますす。ちなみにJR奈良駅は関西本線の駅となります。

以前夕方の関西地区のニュース番組の中でやっていましたが実はこのJR奈良線、奈良県を通っていません。

どういうことなのか、今回は具体的に紹介していこうと思います。

続きを読む

近鉄一の豪華列車・しまかぜ

「しまかぜ」とは近畿日本鉄道で走行している近鉄特急最上位の種別です。2013(平成25)年の伊勢神宮式年遷宮のタイミングに合わせて運行されました。通常の特急との互換性を一切持たず、車内のグレードも他の特急車両とは大きく異なっています。今回は、この「しまかぜ」について紹介していこうと思います。

続きを読む

回顧録・トワイライトエクスプレス

2017年2月23日、大阪の宮原総合運転所でクルーズ列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の車両がお披露目されました。

この宮原総合運転所は新大阪駅のすぐ西方にあります。複々線上にあり、駅での直接の折り返しが出来ない大阪駅始発着の列車の折り返し整備を行う場所です。この場所はかつて走行していた、「トワイライトエクスプレス瑞風」の前身となる「トワイライトエクスプレス」の折り返し整備を行っていた場所でもありました。

「トワイライトエクスプレス瑞風」はまだ走行開始前のため記事が書けませんが、その前身である、「トワイライトエクスプレス」について書こうと思います。

続きを読む

短いけど風光明媚な太多線

国内の鉄道を紹介する私のHPでありながら、前回は日本を飛び出し台湾まで行ってしまったので、今回は私の地元の鉄道に戻って記事を書いていこうと思います。

今回は短距離の路線ではありますが、風光明媚な太多線について取り上げていこうと思います。

続きを読む

番外編・台湾の新幹線の乗り方

名阪近鉄特急から、広島・長崎の路面電車、鹿児島の日本最南端の特急列車、沖縄のモノレールと国内の鉄道を徐々に南下してきましたが、今回は番外編として、日本のお隣の国である台湾の新幹線について少し触れておこうと思います。

なお、私の鉄道記事は日本国内の鉄道についてが範囲となる為、次回からは国内の鉄道に戻る予定です。

続きを読む