「坊ちゃん」の地、松山市内を走るいよてつ路面電車

愛媛県の松山市内を走行する路面電車、伊予鉄道。今回はこの伊予鉄道について紹介します。伊予鉄道は大型の電車が走行する「郊外線(高浜線・横河原線・郡中線)」と路面電車が走行する「松山市内線(城北線・城南線・本町線・大手町線・花園線)」がありますので、今回は路面電車が走行する「松山市内線」について紹介します。

続きを読む

ちびまる子ちゃんゆかりの地を行く静岡鉄道

 

毎週日曜日午後6時からテレビで放送されているアニメ「ちびまる子ちゃん」。作者のさくらももこ氏が少女時代を過ごした静岡県清水市(現:静岡市清水区)が舞台となっていますが、今回はそのような地を走る静岡の地域に根差した鉄道を紹介します。

続きを読む

近鉄特急よりも安い!快速「みえ」の激安乗車法!

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

 

前回の記事では、近鉄特急で行く伊勢志摩のお得な行き方について書きましたが、今回はJRの「快速みえ」のお得な乗り方について説明しようと思います。JRの様々なきっぷが使える為、非常に安く乗りやすい列車です。では、快速「みえ」について、お得な乗車方法を含め紹介していこうと思います。

続きを読む

とってもお得になります!近鉄で行く伊勢志摩!

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

3年前(2013年)には伊勢神宮の式年遷宮、昨年(2016年)5月には伊勢志摩サミット、今年(2017年)には4年に一度の全国菓子大博覧会が伊勢市(お伊勢さん菓子博2017)で開催されたりと何かと話題の多い三重県伊勢志摩地方。

名古屋・大阪方面からのメインのアクセスは近鉄(近畿日本鉄道・以下近鉄)となりますが、今回はこれまでの記事とアプローチを変えて、近鉄で伊勢志摩方面に行く時のお得な方法について考えてみようと思います。

続きを読む

回顧録・カシオペア

2017年5月1日より、JR東日本で豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE四季島」が運行を開始しました。テレビのニュース等でも周知のとおり、非常に豪華な内装や料理等が売りで、乗車料金も非常に高額です。高額な料金にも関わらず申し込みが殺到しており、すぐに乗車というのは難しい状態です。この記事を書いている私も乗車の予定は無く、また乗車がいつになるかもわかりません。

そこで今回は「四季島」が出来る前に上野~札幌まで走行していた豪華列車、「カシオペア」について紹介していこうと思います。

続きを読む

日本最古の地下鉄・地下鉄銀座線

東京の中心部、渋谷~浅草間を走行する東京メトロ銀座線。ご存知の方も多いと思いますが、日本で最初に開業した地下鉄です。今回はそんな地下鉄銀座線について紹介しようと思います。

続きを読む

東急東横線のいまと青ガエル

これまでに何回か日本の鉄道の発祥の地、東京から横浜までの鉄道を取り上げてきましたが、今回は東京の副都心(渋谷)から横浜に向けて走る東急東横線について紹介しようと思います。

続きを読む

50記事記念!目的別さいたま鉄道博物館の楽しみ方

私の記事も今回で50記事目となり、多くの方に見ていただけるようになりました。

第1回目の記事は「京都鉄道博物館・混雑回避法」でした↓

http://rail-dream.net/kyotorailwaymuseum/

今回は50記事記念として、最近の鉄道博物館の元祖でもある、さいたま市にある「鉄道博物館」について取り上げていこうと思います。

続きを読む

5分でわかる!?子連れでグリーン車の旅のコツ!

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

先日新幹線のグリーン車に乗ってさいたまに行ってきたのですが、ゆったりとしていて快適でした。子連れの方も同じ車内にちらほらといましたが、子連れでグリーン車を利用する方のための情報を、今回は記事にしていこうと思います。

赤色・青色の部分だけ読めば5分程度で読めると思います、もっと時間の無い方は「まとめ」の項目だけ読んでも参考になるとは思います。







続きを読む