5分でわかる!?全国各地の「忍者」列車

 

歴史上、飛鳥時代から江戸時代の日本で大名や領主に仕えたり、または独自に隠密行動をとりながら諜報活動・破壊活動・浸透戦術・謀術・暗殺等の仕事をしていた個人または集団の存在に忍者がいます。女性の「忍者」は漢字の「女」から形をとり「くの一」と呼ばれてもいます。どちらも日本国内のみならず、世界的にも知られており、ドラマやテレビアニメやゲーム、テーマパーク等私たちの身の回りに様々な形で登場しています。そんな「忍者」ですが、今回は列車の「忍者」について紹介していこうと思います。

続きを読む

50%は着席率が上がる?大垣ダッシュ攻略法

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

夏休み、ということで「青春18きっぷ」を使って旅に出ている方も多いことと思います。今回は青春18きっぷのシーズンの風物詩「大垣ダッシュ」について、攻略法も含めて紹介していきます。



続きを読む

これを読めば分かりやすくなる?北千住駅の乗り換え

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

新幹線も通っているわけではないので、関東地方に在住の方以外には馴染みの薄い駅かもしれない東京都足立区に位置する北千住駅。あまり知られていませんが、日本のみならず、世界でもトップレベルの乗客を誇る駅でもあります。今回はそんな北千住駅について取り上げていこうと思います。

続きを読む

5分でわかるミュースカイの乗り方

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

愛知県常滑市沖に位置する、中部地方の中心空港として国内線・国際線・LCC(格安航空会社)の航空機が発着する中部国際空港。今回はそんな中部国際空港へのアクセス列車「ミュースカイ」について紹介しようと思います。

続きを読む

比べてお得に乗ろう!関西空港へのアクセス鉄道

大阪府泉佐野市沖に位置する海上空港である関西空港。関西三空港(関西空港・伊丹空港・神戸空港)の中心として位置づけられる空港です。関西三空港の中では唯一、国内線・国内線・LCC(格安航空会社)すべての路線が発着する空港でもあります。海上にあるという立地条件から、北海道の新千歳空港とともに旅客・貨物の航空機とも24時間運用を行っている数少ない空港です。今回はこの関西空港の鉄道のアクセスについて書いていこうと思います。

続きを読む

電車で行こう!羽田空港アクセス比較

首都圏最大で、かつ日本最大の巨大空港でもある羽田空港。正式名称は東京国際空港といいますが、年間6000万人以上の利用客があり、世界第4位の客数を誇っています。日本の国内線の航空機の約4割は羽田空港発着のものです。皇族や政府の要人、外国からの国賓等も多数利用する空港であります。今回は羽田空港にアクセスする鉄道について検証してみようと思います。

続きを読む

北海道新幹線で行く函館のいろいろ観光案内

北海道新幹線が開通して1年と少し、写真は函館市の五稜郭です。この写真にあるような桜の景色は終わってしまいましたが、美味しい海の幸や観光名所も多く非常に魅力的な街です。今回は、函館について北海道新幹線と関連させながら書こうと思います。

続きを読む

世界最速の列車、東北新幹線はやぶさ

アメブロで旅に役立つ情報の掲載を始めました↓

https://profile.ameba.jp/ameba/tsujiusagi(レールマイラー・ひできさんの読むと旅に役立つブログ)

まだまだ読者・アメンバーが少ないため、お気軽に申請していただけると有難いです。

東北新幹線が1982(昭和57)年6月23日に、最初の区間である大宮~盛岡まで開業して2017年で35周年。その後順次、上野・東京・八戸と区間を伸ばし2010(平成22)年に新青森までが開通し全線開通となりました。その後2016(平成28)年には北海道新幹線も開業し、札幌までの延伸も予定されています。

日本最長の鉄道路線(実際の距離では674.9Km)でもある東北新幹線、今回は東北新幹線を走行する最速の列車「はやぶさ」について取り上げようと思います。

続きを読む