日本最古の地下鉄・地下鉄銀座線

東京の中心部、渋谷~浅草間を走行する東京メトロ銀座線。ご存知の方も多いと思いますが、日本で最初に開業した地下鉄です。今回はそんな地下鉄銀座線について紹介しようと思います。

銀座線の歴史

最初にも書きましたが、この銀座線は日本で最初に開業した地下鉄です。歴史について簡単に見ていこうと思います。

銀座線が最初に開業したのは1927(昭和2)年12月30日の上野~浅草間でした。地下鉄自体の建設は2年前の1925(大正14)年から、当時の東京地下鉄道によって始まっており、新橋から浅草まで一気に開通させるつもりでしたが、1923(大正12)年の関東大震災後による不況の為資金調達が出来ず、当時日本一の繁華街であり、高収益の見込める上野から浅草までの建設が先に行われました。

開通した当初は、「東洋唯一の地下鉄道」というキャッチコピーが使われ、アジア・オセアニアで初めての地下鉄道でした。上野~浅草までのわずか5分の区間でしたが、乗車のために2時間待ちの行列が出来たほどで、浅草から新橋までの全線が開通したのは1934(昭和9)年のことでした。

渋谷から新橋までは東京高速鉄道により建設され、支那事変中の1939(昭和14)年に全通し、東京地下鉄道(浅草~新橋)の路線と相互乗り入れ運転が開始されました。当時は戦時体制下であり、東京地下鉄道と東京高速鉄道は国策で設立された特殊法人、帝都高速度交通営団(営団地下鉄)に1941(昭和16)年に統合されました。

1941(昭和16)年12月、大東亜戦争(太平洋戦争)開戦後も日本本土が戦禍に見舞われなかったため、列車の営業は通常通り行われていましたが、1943(昭和18)年には戦争激化に伴う節電のため、一部の区間列車が運休、減速等の措置をとりました。1945(昭和20)年には連合国軍が東京を空襲し(東京大空襲)、東京への空襲が起こるたびに運休になる等の措置がとられました。

更に戦争が激しくなり、同年1月27日には爆弾の直撃により銀座駅や京橋駅が爆弾の直撃を受け多数の乗客が死亡、日本橋~新橋間のトンネルが浸水、5月には渋谷検車区に爆弾が着弾し車両5両に被害が出る等あり、終戦時に使用できた車両は当時の全84両のうち、24両だけでした。

終戦翌年の1946(昭和21)年には修復が完了し、全線で運行が再開され、1949(昭和24)年には新型車両も走行を開始しました。1954(昭和29)年に同じ帝都高速度交通営団(営団地下鉄)の丸の内線が開業していますが、その前年の1953(昭和28)年には「銀座線」の愛称がつけられました。帝都高速度交通営団(営団地下鉄)は2004(平成16)年に民営化され、東京地下鉄(東京メトロ)となっており、その発足の際には上野駅で出発式が行われました。現在も東京の地下鉄の中での最重要路線に位置付けられています。

銀座線の運行形態

現在の東京メトロ銀座線は、これまでにも述べたように日本で最初に開業した地下鉄ということで、他の東京の地下鉄にはない特徴があります。

・車体が小さく、他の路線との直通運転が無い

この銀座線が出来た当時は、まだ現在ほど東京の人口は多くなく、現在ほどの需要はないであろうと見込まれていました(将来的な予測を立てるのが難しかった面もありますが)。このため、その後に出来た地下鉄よりも車体が小さく作られており、他の路線では1両あたりの長さが18m(丸ノ内線)・20m(銀座線・丸ノ内線以外の路線)あるところが、16mしかありません。このため車内は終日混雑しています。この16mというのは、名古屋市営地下鉄東山線の15mに匹敵する位短い車両です。

また、開業当初は他に地下鉄はなく、歴史的な経緯からも現在に至るまで他の路線との直通運転はありません。現在都営地下鉄を含めた東京の地下鉄の中で、他の会社との直通運転が無いのはこの銀座線と、丸ノ内線、環状運転を行っている都営大江戸線のみとなります。他の会社との直通運転が無いのは、郊外から乗る際に乗り換えの手間が発生するというデメリットはありますが、異常時(運転見合わせ等)になった場合に、乗り入れている他の会社との調整が必要な路線よりも早く運行再開するというメリットがあります(他社との調整の必要が無いため)。

・運行密度が非常に高い

車体が小さいことも関係しているかとは思いますが、ラッシュ時は2分に1本、それ以外の時間帯でも3分に1本走行されています。この日中の3分に1本というのは、日本の全地下鉄中最も高い運行密度です(次点は大阪市営地下鉄御堂筋線の4分に1本)。このため、時刻表を確認しなくても乗車は出来るかと思います。

・多くの繁華街を通り、終日混雑している

浅草通り・中央通り・外堀通り・青山通りの地下を通り、浅草・上野・日本橋・銀座・新橋・虎ノ門・赤坂・青山・渋谷といった東京都心のほとんどの繁華街やビジネス街を縫うように走る路線のため終日混雑しています。この銀座線の混雑緩和のために後に開業したのが、東京メトロ半蔵門線です。

・日本唯一の地下鉄の踏切がある・パンタグラフが無くサードレール(第三軌条)からの集電である。

東京の地下鉄のうち銀座線と丸ノ内線のみは、電車上部の架線から電気をとっているのではなく、2本のレールの横にある3本目のレール(サードレール・第三軌条)から電気をとっています。踏切については最後の項目で記載します。

銀座線リニューアル工事

東洋初の地下鉄道として、2017年12月30日で開業90周年を迎える東京メトロ銀座線。

現在路線コンセプトを「伝統×先端の融合」として、各所でリニューアル工事が進んでいます。このリニューアル工事で行われるのは以下の6つのことになります

1・5つのエリア毎の駅の全駅改装

銀座線内の駅を5つのエリアに分類し、リニューアルを進めています。エリアコンセプト毎に駅デザインを公募するコンペが随時開催されています。5つのエリアの内訳は以下の通りです。

トレンドエリア・・・渋谷駅・表参道駅・外苑前駅・青山一丁目駅

ビジネスエリア・・・赤坂見附駅・溜池山王駅・虎ノ門駅・新橋駅

銀座エリア・・・・・銀座駅

商業エリア・・・・・京橋駅・日本橋駅・三越前駅

下町エリア・・・・・神田駅・末広町駅・上野広小路駅・上野駅・稲荷町駅・田原町駅・浅草駅

2・ホームドアの設置工事

大規模改修工事が予定されている新橋駅・渋谷駅を除き、全ての駅にホームドアが設置されます。2018年度には完成予定です。

3・新型車両の導入

この写真の車両は1000系と言いますが、2012年度から運行を開始した車両です。2016年度には全ての車両がこの車両に入れ替わりました。

色は昭和2年の開業当初から40年間走行していた旧1000系の色をモチーフとしていますが、中は消費電力の削減や乗り心地改善、走行騒音低減などの為の最新のテクノロジーが多く施された車両です。

4・渋谷駅の移設工事

現在JR・東急電鉄等も併せて渋谷駅の大改良工事を行っていますが、東京メトロ銀座線の渋谷駅も現在の東急百貨店の3階から移設され、JR等との乗り換えの利便性の向上や、バリアフリー設備等の整備も進められる予定です。

5・新橋駅の大規模改良工事

渋谷方面行のホームを延伸し、エスカレーターやエレベーター等の位置の見直しやホームの幅の改良され、ホームの混雑緩和が図られるようです。

6・地下鉄開通90周年を記念した各種イベント等の実施

開通当時の車両をモチーフにした1000系特別仕様車両の導入(2編成)など各種イベントが企画・実施される予定です。

東京メトロ銀座線のリニューアル工事の詳細はこちらのリンクを御参照下さい→http://www.tokyometro.jp/ginza/(東京メトロ・銀座線リニューアル情報サイト)

日本唯一の地下鉄の踏切

最後に銀座線の名物について紹介して終わろうと思います。

鉄道ファンの方ならばご存知の方も多いとは思いますが、銀座線には日本の地下鉄で唯一の踏切があります。通常地下鉄は地上の混雑を避けるために、線路は地下に、地上に出ている場所では掘割・高架区間がほとんどで、踏切が無い場所ばかりです。

ところが現在の所、日本で唯一の地下鉄の踏切があるのが、この銀座線です。場所は上野駅から少し離れた場所にある上野車庫(上野検車区)への入口にある踏切です。yahooの地図等でも簡単に発見することが出来ます。JR上野駅の入谷口から200~300m離れた場所にあり徒歩数分で行けます。首都高速1号線・国道4号線を越えたところにあります。

ここを通る列車は通常の営業列車ではなく、上野車庫への入庫・出庫のための列車が出入りしています。このため、通常銀座線に乗っていてはこの踏切を通ることはなく、列車の外からこの踏切を通る列車を見ることになりますが、1日に10回程度は使用されているようです。下の写真は上の写真の反対側の写真です。

通常の踏切では車道をふさぐための遮断機は設置されていても線路側をふさぐ柵はありませんが、この踏切では線路側にも柵が設置されています。先程も書きましたが、銀座線は電車の走行のための電力を2本の線路の横の線路(第三軌条)からとっており、人や猫などの動物が触れた場合感電するからです(直流600Vの電圧が流れており、触れた場合は感電死する電圧です)。このため、人や動物が誤って侵入しないように線路側にも柵があります

このように地下鉄で踏切があるのは全国でもここだけで、日中でも電車の入出庫のため、踏切を電車が通るのを見ることが出来ます。詳しくはこちらのサイトに記載してありますので、ご参照ください→http://www.tokyometro.jp/ginza/topics/20170331_107.html(東京メトロ・銀座線リニューアル情報サイト)

リニューアル工事も進行中で、古くも新しい東洋初の地下鉄東京メトロ銀座線。東京にお越しの際は是非乗車してみて下さい。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*