日本最南端のモノレール・沖縄ゆいレール

前回はJR日本最南端の鉄路、鹿児島県の指宿枕崎線を取り上げましたが、今回は日本最南端を走るモノレール、沖縄県那覇市の沖縄都市モノレール線「ゆいレール」についてご紹介します。

沖縄県の鉄道

現在、沖縄県にある鉄道は今回紹介する沖縄都市モノレール線「ゆいレール」のみですが、戦前には沖縄県にも鉄道のレールが敷かれた鉄道が存在しました。全て紹介していると「ゆいレール」の紹介が出来なくなりますので、簡単な紹介にしておきます。上写真は戦前の那覇市中心部の鉄道の路線図です。

沖縄県の鉄道の初めてと言えば荷物用とはなりますが、1902(明治35)年に南大東島に手押しのトロッコ鉄道が完成したのが最初と言われており、1910(明治43)年には沖縄本島にもサトウキビ運搬用の鉄道が開通した歴史があります。

その後も民間による鉄道建設の計画が計画され挫折するということが何度も繰り返されましたが、1910(明治43)年に認可を受けた沖縄電気軌道(後の沖縄電気)による路面電車が、1914(大正3)年5月、大門前~首里に開業したのが沖縄で人が乗れる電車の初めてのものとなります。

その半年後サトウキビ運搬を延長する形で、沖縄人車軌道(のちの沖縄馬車軌道)の沖縄本島東海岸の与那原~小那覇間が開業、その後も県営の軽便鉄道が那覇を中心に、嘉手納・与那原・糸満を中心に開業、沖縄電気も路線を延長、糸満馬車軌道も那覇~糸満間を開業させる等、沖縄本島の鉄道は明治~大正にかけて最盛期を迎えます。

昭和初期に入ると、沖縄本島では道路が整備され自動車交通が発達し、鉄道の乗客も減少し廃止に追い込まれる路線も相次ぎました。最後まで残ったのが沖縄県営鉄道と沖縄人車軌道でしたが、太平洋戦争末期の沖縄戦直前の1944(昭和19)~1945(昭和20)、両鉄道の鉄道施設は引火事故や戦争による空襲・地上戦により破壊されました。

太平洋戦争後は沖縄県はアメリカ軍の統治下に置かれ道路復旧が優先されたため、鉄道は日の目を見ることなく、道路の整備とと共に消滅していく鉄道がほとんどでしたが、前述の南大東島のサトウキビ運搬鉄道は唯一復旧し、昭和58年まで使用されました。

なお、1975(昭和50)~1976(昭和51)年の沖縄国際海洋博覧会(沖縄海洋博)では、会場内の交通機関に新交通システムが利用されていました。

現在も車社会である沖縄ですが、朝夕の通勤時間帯において那覇市内等の国道58号やその他の道において交通渋滞が激しく、1971(昭和47)年頃より構想が持ち上がり、2003(平成15)年8月運輸営業用の鉄道としては戦後初となる沖縄都市モノレール(ゆいレール)が那覇空港~首里間で開業しました。今後も延伸の計画があり、2019年春には首里~浦添市裏西(西原入口交差点付近)まで延伸開業予定です。

沖縄都市モノレール(ゆいレール)の路線図・運賃

次に那覇市内を走る沖縄都市モノレール(愛称:ゆいレール)の路線図について紹介します。

2019年春に首里~浦添市のてだこ裏西まで開業予定(途中駅は石嶺・経塚・浦添前田の3駅の予定)ですが、今回は現在開業している首里までで紹介していこうと思います。

沖縄都市モノレールの車庫は那覇空港~赤嶺間にあり、那覇空港~首里まで全ての列車が各駅停車・2両編成で運転されています。現在は区間運転の列車は存在しませんが、牧志~安里間に渡り線があり異常時には那覇空港~牧志、安里~首里での区間運転も可能です。

運行ダイヤとしては概ね以下の様になっています。なお全て各駅停車の列車のため、列車ごとの所要時間の差はありません。列車は全てワンマン運転となります。

平日

早朝・・・15分間隔

朝夕ラッシュ時・・・5~8分間隔

日中と夜・・・10分間隔

22時以降・・・12分間隔

土日祝日

朝・21時以降・・・12分間隔

その他の時間帯・・・10分間隔

次に運賃ですが、初乗り運賃が大人230円(小人120円)で、最も遠い那覇空港~首里間でも330円(小人170円)です。隣接する駅間においては、おとなりきっぷが使用でき、大人110円(小人60円)で乗車できます。なお、紙の乗車券は出てきますが、券面にQRコードが印刷されており、そのQRコードを改札機の読み取り部に読み取らせるものとなりますので注意して下さい(改札機に入れるタイプではありません)。一日・二日乗車券でも同様の取扱いとなります。出場時も同様の対応となり、使用後も手元にきっぷが残ります。

なお、IC乗車券はゆいレールと沖縄本島内のバス事業者で使える「OKICA(オキカ)」のみ使用可能です。Suica・ICOCA・SUGOCA等のICカード乗車券は使用できませんので注意して下さい。

お得な乗車券として、全線で自由に乗降可能な一日乗車券・二日乗車券があります。駅の自動券売機または窓口で発売しています。

一日乗車券・・・大人700円 小人350円

二日乗車券・・・大人1200円 小人600円

こちらの乗車券ですが、その日の始発~終電までを一日としてカウントするタイプの乗車券ではなく、駅の自動券売機または窓口で発行した時から、24時間(一日乗車券)・48時間(二日乗車券)有効の乗車券となりますので、発行時間には注意して下さい。

割引としては、他にも障害者割引、運転免許返納者割引等があります。

運賃等の詳細についてはこちらを御参照下さい→http://www.yui-rail.co.jp/howto/ticket.html(ゆいレールHP・運賃案内)

ゆいレールを使って行ける観光地

モノレールが開通しても、那覇空港から首里までの約12Kmであり、特に那覇市外となる名護市等や石垣島等の県内離島へはレンタカー・バス・フェリー・航空機等他の交通手段が主な移動手段となりますが、ここではモノレールで行ける観光地についていくつか紹介しておきます。

・首里城・首里城公園

かつての琉球王朝の最大規模の王城で、海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘の上に建っています。1945(昭和20)年の沖縄戦やその後の琉球大学の建設により完全に破壊され、本来あったものは城壁や基礎のわずかな部分が残っているようです。1980(昭和50)年代より復元が開始され、1992(平成4)年には正殿などが旧来の遺構を埋め戻す形で復元されました。1993(平成5)年の大河ドラマ「琉球の風」の舞台にもなり、2000(平成12)年には世界遺産となりました。周辺にも複数の世界遺産に登録された文化財があります。

ゆいレール 首里下車 徒歩15分、

または首里下車後路線バス7・8番乗車首里城前下車徒歩3分

http://oki-park.jp/shurijo/(首里城公園HP)

・国際通り

那覇市の県庁北口交差点(パレットくもじ前交差点)から安里三叉路交差点間1.6Kmの通りの名称で、那覇市最大の繁華街となっています。戦後の焼け野原から目覚ましい発展を遂げたこと、長さがほぼ1マイル(1.6Km)あることから、「奇跡の1マイル」と呼ばれることもあります。

ゆいレール 県庁前下車徒歩5分(国際通り南側)または 牧志下車徒歩2分(国際通り北側)

国際通り詳細→http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000405.aspx(たびらい沖縄HP)

・牧志公設市場

1950(昭和25)年那覇市が米軍用地を借りオープンした後、1972(昭和47)年に新しい建物に変わった、沖縄中の魚介類や食肉類等食品が多く集まる市場で、1階のお店で購入した魚介類等を別料金で2階の食堂で調理してもらうことも可能です。200店舗ほどが軒を連ねており、市場内の地理は複雑です。かつては地元の人の買い物の場所でしたが、現在ではガイドブックに紹介されることも多くなり観光客の来場も多くなる等、市場の様子も変わってきています。

第一牧志公設市場HP→https://kosetsu-ichiba.com/

ゆいレール 美栄橋下車より徒歩10分 または 牧志下車徒歩9分

・Tギャラリア沖縄 by DFS

日本では空港以外にある日本初の免税店となります。各種高級ブランド品を免税価格で購入できますが、搭乗する航空機の出発2時間前まで購入可能で、那覇空港での保安検査場通過後専用カウンターでの受け取りとなります。沖縄県外へ移動する場合のみ購入・免税可能となりますので注意して下さい(宮古島・石垣島等県内離島への航空機に搭乗の場合は購入できません)。

また、免税ではないものの、沖縄のお土産の購入や、ここからのレンタカーの利用も可能です。モノレールでの利用も可能ですが、那覇空港までの送迎バスも出ています。

免税等詳しくは以下のHPを御参照下さい

Tギャラリア沖縄byDFS HP→https://www.dfs.com/jp/okinawa?cid=red69

ゆいレール おもろまち下車すぐ

日本最南端の駅と日本最西端の駅

今回は沖縄の鉄道の歴史・モノレールのゆいレールについて触れましたが、ゆいレールには日本の最果ての駅が2つあります、日本最西端と日本最南端の駅です。

狭義の解釈で鉄路の上を走る列車の「駅」、となると日本最西端は松浦鉄道・たびら平戸口駅(長崎県)となり、日本最南端はJR九州指宿枕崎線・西大山駅(鹿児島県)となりますが、広義の解釈での「駅」と名前の付く場所、また、純粋に北緯・東経で見た場合の日本最西端は沖縄都市モノレール(ゆいレール)・那覇空港駅(東経127度39分8秒)、日本最南端は那覇空港駅の隣の赤嶺駅(北緯26度11分36秒)となります。それぞれの駅には最西端・最南端を示す石碑も立っています。

最西端の駅、と言っても那覇空港に航空機で到着し徒歩で少し歩けば辿り着けてしまい(那覇空港駅)、隣の赤嶺駅もモノレールに一駅乗ればすぐに辿り着けてしまい、駅前にマンションや住宅も多くある為、稚内駅(日本最北端の駅)や東根室駅(日本最東端の駅)の様に、最果ての駅に着いたという実感は感じにくい部分はありますが、沖縄へお越しの際にはゆいレールで是非足を運んでみてください。

長くなりましたが、今回の沖縄の鉄道やモノレールの記事が皆様の沖縄旅行の旅の役に立てば有難く思います。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. gracias より:

    沖縄へ旅したことがあるのですが、ゆいレール使わなかったり、乗車しても修学旅行のような旅でしたので、今回の記事は総合的に参考になります。suicaを頼り過ぎても駄目ですね…セミナーは自分のような感覚を過信したり、かたよった知識で総合的に考え難い者にはとても役立つような気がします。沖縄は思いが強い地です。地元の方の強さとあたたかさを身に染みる旅でもありました。正直な話ですが、ひめゆりの場でカメラなどとても向けられなかったし、実際には本島の海の前で足を踏み入れることも出来ませんでした。遠く三線の音色が快い旅でした。次回の記事も楽しみにしています。わかりやすかったです。

コメントを残す

*