名古屋から東京へ、新幹線格安利用術

リニアモーターカーの建設が正式に決定し、活気づく名古屋と東京。

現在は東海道新幹線が両都市を結んでおり、区間利用の乗客数としては全国最高の乗客数となっています。

リニアモーターカーの開通はまだかなり先ですが、今回は、名古屋から東京間の東海道新幹線のお得な利用方法を紹介します。

自分の状態をチェック

いつかの記事でお話したかもしれませんが、お得な料金で旅行をするならば、自分がどのような条件であれば許容できるのか、自分に問いかけてみる必要があります。なぜならば、お得な料金のきっぷというのは一定の条件(制約)のもと、料金を安くしている側面が強いからです

主に名古屋~東京間での新幹線のお得なきっぷ(商品)で移動の場合には、以下の利用が考えられます。

・金券ショップ

・エクスプレス予約

・IC早得

・ぷらっとこだま

・日帰り1Dayシリーズ(JR東海ツアーズの旅行商品)

それぞれに利用のための条件があり、割引率も違います。どこまで自分が許容できるのかで使える商品が違ってきます。では、割引率の高い(=安く移動できる)ものから順番に見ていきましょう。

参考までに割引の無い通常料金での、名古屋~東京・のぞみの乗車券・特急料金(通常期)の合計金額を載せておきます。ここからどこまで値下げできるかが今回の勝負です。なお、今回は全て通常期での計算としてあります。

名古屋~東京・・・のぞみ指定席通常料金合計・・・11090円(乗車券6260円+指定席特急料金4830円)

名古屋~東京・・・のぞみグリーン車通常料金合計・・・14680円(乗車券6260円+特急・グリーン料金8420円)

おとくな乗車方法の種類と条件

では、順番にみていこうと思います。割引率の高いものから順番に載せていきます。また、条件に付いても載せていきます。この条件でOKならば、詳細の項目を御参照下さい。条件を了解するのが難しければ、次の割引商品を御参照下さい。

1・条件は厳しいですが大きく割引になる商品

条件・往復こだま号の乗車でも構わない。とにかく安く行きたい。

   もしくは、早朝の出発・帰りは夜遅い時間でも構わない

   絶対に指定された列車に乗り遅れない

お得な商品・ぷらっとこだま

      日帰り1dayシリーズ

 

厳密に言えば、どちらもきっぷではなく、「JRを利用した旅行ツアー(募集型企画旅行)」となります。行き・帰りともこだまのみ利用が可能なのが「ぷらっとこだま」です。全てのこだま+行きは早朝の「のぞみ・ひかり」(概ね午前6時台・7時5分頃まで)、帰りは全てのこだま+概ね20~22時台の指定された「のぞみ・ひかり」にも乗車可能なのが、「日帰り1dayシリーズ(名古屋発東京行きの場合は日帰り1day東京、東京発名古屋行きは日帰り1day名古屋」となります。名古屋・東京だけでなく、伊勢・レゴランドジャパン・リニア鉄道館等の1dayの商品もあります。

最初にも書いたように新幹線には乗車できますが、「JRを利用した旅行商品」となりますので、駅のみどりの窓口や指定席券売機での購入は出来ません。JR東海ツアーズ等の旅行会社での購入となります。また、指定された列車以外への乗車は自由席を含め一切できず、乗り遅れた瞬間乗車票は紙くずと化しますので、乗り遅れないようご注意ください。

ぷらっとこだまには指定された駅の売店で使えるドリンクの引換券(追加料金でアルコール類も可)、日帰り1dayの場合は、指定された飲食店でのランチ等もしくはお土産の料金券としても使用可能なセレクトクーポンが付きます(日帰り1dayの商品によって、1000~3000円程度と若干の違いがあります)。

料金(ぷらっとこだま)

名古屋~東京・こだま号片道指定席・・・8300円(のぞみ正規料金よりー2790円)

名古屋~東京・こだま号グリーン車指定席・・・9300円(のぞみ正規料金よりー5380円)

ぷらっとこだまの詳細は→http://www.jrtours.co.jp/kodama/nagoya.html(JR東海ツアーズ・ぷらっとこだまHP)

料金(日帰り1dayシリーズ・料金はセレクトクーポン3000円を引いて計算)

往復こだま、もしくは指定列車の往復通常期指定席・・・14300円(クーポン券3000円を引いた額)

往復こだま、もしくは指定列車の往復グリーン車指定席・・・16700円(クーポン券3000円を引いた額)

片道あたりに換算すると(クーポン券を引いた額)・・・

名古屋~東京・こだま号もしくは指定列車指定席・・・普通車指定席・7150円(のぞみ正規料金よりー3940円)

名古屋~東京・こだま号もしくは指定列車グリーン車指定席・・・8350円(のぞみ正規料金よりー6330円)

※日帰り1dayの種類によっては、この結果と金額が相違する場合があるので、今回の計算では標準的な「日帰り1day東京」をもとに計算しました。

日帰り1dayシリーズの詳細は→http://www.jrtours.co.jp/campaign/oneday/(JR東海ツアーズ・日帰り1dayシリーズHP)

2・割引率は低いが、融通の利きやすい商品

条件・携帯電話またはスマートフォン、パソコンを持っている。

   クレジットカードを持っている、またはクレジットカードが作れる。

   早朝や夜間ではなく、好きな時間の好きな列車に乗りたい

   きっぷを受け取る前に列車を変更する可能性がある

   年会費1080円かかっても良い(2回乗車すればもとはとれます)

お得な商品・エクスプレス予約

      IC早得

JR東海・JR西日本が提供している会員制の予約サービスです。現在、専用のクレジットカード(年会費1080円)への入会もしくはモバイルSuicaへの紐付けが必要な、「エクスプレス予約」のサービスと、サービスに入会さえすれば、手持ちのクレジットカードで始めることが可能な「プラスEX」のサービスがあります。ここでは割引率の高い「エクスプレス予約」で紹介をしていこうと思います。

こちらの商品はお手持ちの携帯電話・スマートフォンやパソコンで予約し、駅のみどりの窓口・指定席券売機できっぷの受け取り、もしくはICカード・おさいふケータイ対応の電話機を改札機にかざしての乗車となります。受け取りが可能なのはJR東海・JR西日本管内の駅(一部JR四国の駅)のみどりの窓口・指定席券売機となり、JR東日本やJR北海道の駅のみどりの窓口や指定席券売機では受け取れませんので注意して下さい。

なお、「エクスプレス予約」の中でも条件によって、割引率の高くなる商品がありますので、それも併せて紹介します。通常の予約以外は、乗車券+特急券のセット販売となります。

通常の予約・・・エクスプレス予約(特急券のみの予約)

カードに付属のICカードで乗車、もしくはモバイルSuica対応携帯電話で改札機にタッチし乗車・・・EX-ICサービス(券売機で乗車票を受け取っても乗車可能)

3日前までの予約限定、ICサービスで利用可能な割引商品・・・IC早得(券売機で乗車票を受け取っても乗車可能。乗車できる列車に条件あり)

3日前までの予約で、こだま号のグリーン車にICサービスでお得な料金で乗車可能・・・こだま☆楽旅IC早得(券売機で乗車票を受け取っても乗車可能)

土日祝日限定2名以上同時に利用、3日前までの予約でお得に利用可能・・・EXファミリー早得

2名以上同時に利用、3日前までの予約で、こだま号がお得に利用可能・・・一緒に☆こだま早得

では、片道あたりの料金を掲載します。全て乗車券+特急料金込みの合計金額です。複数人でしか予約のできない商品については、一人あたりの金額で掲載します。

乗車券+エクスプレス予約・・普通車指定席合計 10330円(のぞみ正規料金よりー760円)

              グリーン車指定席 13900円(のぞみ正規料金よりー780円)

EX-ICサービス・・・・・普通車指定席合計 10110円(のぞみ正規料金より―980円)

              グリーン車指定席 13700円(のぞみ正規料金より―980円)

IC早得(タイプB)・・・・普通車指定席合計  9770円(のぞみ正規料金より―1320円)

              グリーン車指定席 11830円(のぞみ正規料金より―2850円)

こだま☆楽旅IC早得・・・・グリーン車指定席  9000円(のぞみ正規料金より―5680円)

EXファミリー早得・・・・・普通車指定席合計  9770円(のぞみ正規料金より―1320円)

              グリーン車指定席 11830円(のぞみ正規料金より―2850円)

一緒に☆こだま早得・・・・・普通車指定席合計  7900円(のぞみ正規料金より―3190円)

              グリーン車指定席  8900円(のぞみ正規料金より―5780円)

※このため、「のぞみ」「ひかり」で最も安いのはIC早得(タイプB)、「こだま」で最も安いのは一緒に☆こだま早得となります。一人の場合はグリーン車限定となりますが、こだま☆楽旅IC早得となります。

※エクスプレス予約は、きっぷ受け取り前であれば何度でも手数料無料で変更可能です(変更前と変更後で運賃に差がでる場合は、その料金は発生します)。

サービスの詳細はこちらを御参照下さい→https://expy.jp/top.php?(JR東海・エクスプレス予約HP

3・一般的に安いと思われているが、あまりメリットがない商品

条件・事情がありクレジットカードを持てない

   5月・お盆・年末年始等に出かけない

   携帯電話やスマートフォン、パソコンの操作が極度に苦手

お得な商品・金券ショップで売っている新幹線回数券のバラ売り

1・2の商品と比べると、どうしても割引率が低いこと、お店自体の開店・閉店の時間がありいつでも買えるわけではないこと、金券ショップで売っている新幹線の回数券自体が5月・お盆・年末年始等に使えないこと、たとえ当日の予約・購入でも2・のエクスプレス予約やEX-ICサービスの方が安いこと、列車の乗車のためには必ず駅に行くこと(切符を受け取り・購入すること)から、私は金券ショップでの購入はあまり推奨していません。

ただし、信用情報機関のブラックリストに載っておりクレジットカードが作れない方等は、金券ショップでの購入もやむを得ないのかと思います。また、極度に携帯電話やスマートフォン、パソコンの操作が苦手という方も金券ショップでの購入も検討しても良いかと思います。ただし、指定席の回数券を購入した場合は、駅のみどりの窓口や指定席券売機で席の指定を受ける必要があります。

参考までに値段を載せておきます。ただし、売っているお店によって値段に若干の差はあるので、参考程度に見て下さい。

金券ショップでの購入・・・・・普通車指定席合計 10400円(のぞみ正規料金より―690円)

              グリーン車指定席  14000円(のぞみ正規料金より―680円)

結局どこが一番安いのか?

ここまで様々な商品を取り上げてきましたが、わかりづらくなってきたのでまとめます。ここでは、条件を無視して純粋に値段だけで記載しますので、参考にして下さい。なお、全て日帰りの場合の片道当たりの料金です。

※今回の調査で最も安かったもの

(日帰り1dayシリーズ・料金はセレクトクーポン3000円を引いて計算)

名古屋~東京・こだま号もしくは指定列車指定席・・・普通車指定席・7150円(のぞみ正規料金よりー3940円)

名古屋~東京・こだま号もしくは指定列車グリーン車指定席・・・8350円(のぞみ正規料金よりー6330円)

※往復での購入が必要な為、往復の料金だと17300円/人となります。

※日帰り1dayシリーズは一人限定の商品ではなく、複数人でも同時に申し込めば複数人での利用も可能です。このため、ここで最安値の商品として挙げておきます。

行きか帰りに違う交通手段を利用し、片道のみ利用の場合は・・・

一人の場合

のぞみ・ひかり(列車限定にはなりますが)

IC早得(タイプB)・・・・普通車指定席合計  9770円(のぞみ正規料金より―1320円)

              グリーン車指定席 11830円(のぞみ正規料金より―2850円)

こだま

料金(ぷらっとこだま)

名古屋~東京・こだま号片道指定席・・・8300円(のぞみ正規料金よりー2790円)

名古屋~東京・こだま号グリーン車指定席・・・9300円(のぞみ正規料金よりー5380円)

 

二人以上の場合

のぞみ・ひかり

EXファミリー早得・・・・・普通車指定席合計  9770円(のぞみ正規料金より―1320円)

              グリーン車指定席 11830円(のぞみ正規料金より―2850円)

※なお、名古屋市内にある金券ショップの伊神切手社で名古屋~東京までの在来線の乗車券(5650円)を購入し、エクスプレス予約で特急券のみ予約・購入した場合は5650円+4050円=9700円となり、上記より安くなります。

こだま

一緒に☆こだま早得・・・・・普通車指定席合計  7900円(のぞみ正規料金より―3190円)

              グリーン車指定席  8900円(のぞみ正規料金より―5780円)

かなりの長文にはなりましたが、今回は名古屋~東京間の新幹線の安い乗車方法を取り上げました。この記事が皆様の旅行の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*