飛行機のマイルで電車に乗って京都へ行こう

前回は、名古屋から京都までの新幹線でのお得な行き方を検証しましたが、今回は在来線での名古屋~京都間のお得な行き方について検証しようと思います。

名古屋~京都間の在来線での行き方

名古屋から京都間においては鉄道でも複数の路線がありますが、両都市間において在来線で最速で結んでいるのは東海道本線です(関西本線・奈良線ルートでも行けますが、列車の本数が少なく、非常に時間がかかるためここではお勧めしません)。

名古屋~京都間の距離は約150Kmで、順調にいけば2時間15分~30分位で着くことができます。名古屋~米原はJR東海の管轄、米原~京都はJR西日本の管轄となり、米原での乗り換えが必要となります(現在東海道本線で米原駅を乗り換えなしで行けるのは、高山~大阪を走行する特急「ひだ」1本のみです)。

また、JR東海の区間である名古屋~米原間においては、途中の大垣に車庫がある関係上(大垣車両所)、快速・新快速等は大垣止まりの列車が多いです(名古屋駅からでも朝・夕を中心に1日に10本弱位米原行きの列車はあります)。このため日中は多くの場合、名古屋→大垣→米原→京都と2回の乗り換えが必要になります。

一方、米原から京都までのJR西日本管内では、米原(長浜・近江塩津・敦賀始発が多い)から新快速が京都を越えて大阪・神戸・姫路方面に1時間に2本、京都または高槻で快速となる各駅停車の普通が1時間に2本運転されています。基本的に名古屋・大垣からの列車は、新快速との接続になっているものが多いので、新快速に乗車したほうが早く着きます。

ほとんどの場合効率よく乗り換えが出来るよう接続がとられており、米原駅で数分程度で乗り換えが可能です。名古屋→米原→京都の場合は、対面のホームでの乗り換えが可能ですが、京都→米原→名古屋の場合は、階段を渡った隣のホームからになることが多いように思います。

学校の春休み・夏休み・冬休みの期間中「青春18きっぷ」が発売され、この時期の名古屋~京都の東海道線の列車も非常に混雑し、大垣駅・米原駅では早朝の列車より激しい席の取り合いとなることがあります(これを鉄道ファンの間では「大垣ダッシュ」や「米原ダッシュ」と言ったりします)。この時期に移動を検討されている方は、1本列車を待っても問題ない程度の、時間にゆとりをもった計画を立てることをお勧めします。

なお、青春18きっぷについては以前書いた記事も参考にしてください↓

http://rail-dream.net/seisyunn18kippu/(平成29年1月1日投稿・青春18きっぷで旅しよう(春休み編))

名古屋~京都・在来線でのお得な行き方

次に、名古屋~京都間を在来線で移動した場合のお得なきっぷについて紹介しようと思いますが、前回記事にしたこの区間の新幹線ほどお得な商品はありません。お得な商品が少ない理由については以下の理由が考えられます。

・新幹線と比較し、乗車するのに必要な料金がもともと安い。

・この区間の東海道新幹線はすべてJR東海の管轄だが、東海道本線は名古屋~米原=JR東海、米原~京都=JR西日本と別れており、お得な商品が作りにくい。

名古屋~関ケ原と米原~京都間は=ICOCA・TOICA等の交通系ICカードが使えるが、関ケ原~米原間は交通系ICカードの利用が出来ない(利用可能エリア外)。

このような理由があるかと思います。では、少ないながらもお得な乗車方法を紹介していきます。大きく分けると、3つの方法があります。以下の3つですが、順番に紹介します↓

名古屋~京都間の乗車券は通常購入でおとな2590円(片道)です。

1・青春18きっぷ

2・伊神切手社の乗車券

3・交通系ICカードの活用

 

1・青春18きっぷ

先程も紹介した、学校の春休み・夏休み・冬休み期間に販売されるお得な乗車券です。上の写真のように5回分が1枚の紙に印刷されており、一人で5回使用、五人で1回使用等、回数の範囲内なら使用の方法が自由なのも特徴です。現在では5回分が11850円で販売されていますが、金券ショップではレンタルの形で、これよりも少ない使用回数(1~4回)でも扱われています。

このきっぷを1回(一日分)で見ると、11850円÷5=2370円となり、単純に名古屋~京都を片道利用するだけで、もとがとれます。

名古屋~京都・乗車券の通常購入・・・2590円(片道) 5180円(往復合計)

青春18きっぷを利用・・・・・・・・2370円(片道・往復どちらでも)

=最大で2810円のお得

青春18きっぷ詳細については以下のリンクをご参照ください↓

http://railway.jr-central.co.jp/tickets/youth18-ticket/(JR東海・青春18きっぷHP)

※ただし、青春18きっぷの利用可能期間中は、いつもより列車の混雑が激しくなりますので注意して下さい。

2・伊神切手社の乗車券

前回の記事でも紹介した、名古屋市内にある金券ショップ「伊神切手社」ですが、こちらでは新幹線の回数券だけでなく、在来線の乗車券の組み合わせきっぷも販売しています。新幹線の特急券と併用すれば新幹線の乗車券と併用可能ですが、乗車券のみでの使用も可能です。

組み合わせ切符の考えた方の大前提ですが、JRの乗車券は単純にA駅~C駅までで購入するよりも、間のB駅を挟んでA駅~B駅、B駅~C駅と購入した方が安くなる場合が多いです。このように乗車券を分けて購入する方法を、「乗車券の分割購入」と言います。JRの営業規則上もこの購入法は違反行為ではない、れっきとした購入方法です。

伊神切手社の組み合わせ切符もこの考え方に倣っています。ちなみに上のA駅を名古屋駅、C駅を京都駅とした場合、B駅は途中の岐阜駅となります。名古屋~岐阜は名古屋鉄道と競合している関係上、JRの料金も少し安めです。

名古屋~京都・乗車券の通常購入・・・2590円(片道) 5180円(往復合計)

伊神切手社の組み合わせ切符を利用・・・・・・・・2350円(片道) 4700円(往復)

=最大で480円のお得

伊神切手社については以下のリンクもご参照ください。遠隔地の方でも購入可能な郵送販売も受け付けています↓

http://www.igami.co.jp/(伊神切手社HP)

青春18きっぷと違い、通年利用できるお得な方法です。

3・交通系ICカードの活用

先程も紹介しました交通系ICカードですが名古屋~京都間のうち、関ケ原~米原間をまたぐ利用はできないことになっています。ですが、この区間をまたいで利用する方法があります、それは、

交通系ICカードを利用し、近距離きっぷの販売機で名古屋~京都の乗車券を購入する

です。交通系ICカードには大きく分けて2つの利用方法があります。

1・改札機に直接タッチして利用する

2・近距離きっぷの自動券売機に入れ、きっぷを購入する

この2つです。1.の方法が一般的ではありますが、この方法だと一人しか改札機を通ることができません。複数人で利用の場合等は2.の方法であれば交通系ICカードを利用することができます。

なお、近距離きっぷの自動券売機は、その駅から通常100Kmまでの駅の乗車券しか購入できませんが、乗客の多い区間等は100Kmを超えていても近距離きっぷの販売機で購入できる場合があります(この取り扱いはJR東海の駅の券売機に多く、JR東日本やJR西日本の駅に少ないように感じます)。

では、名古屋駅の近距離きっぷの券売機の例でみてみましょう。下の写真が名古屋駅の自動券売機の写真になります↓

御覧のように、画面下に100Kmを超えている浜松駅と京都駅のボタンもあり、これらの駅への乗車券の購入が可能です。これが「交通系ICカードで関ケ原~米原を越える方法」となります。

当然ながら、このきっぷを購入できるだけの金額が交通系ICカードの中に入っていることが大前提となりますが、交通系ICカードのうち、現金以外でチャージできるポイントクラブを持つ以下のカードが、航空会社のマイル等を交通系ICカードのポイントに交換し、チャージができます。それぞれ条件が異なりますので、詳細は各ポイントクラブのHP等参考にしてください。

※ポイントで金額をチャージできる交通系ICカード。()はポイントクラブの名前。

・Suica(Suicaポイント)

・PASMO(ANA TOKYU POINT ClubQ ・メトロポイント・京成グループポイント等)

・SUGOCA(JQポイント)

・manaca(μstar(ミュースター)ポイント)

・はやかけん(はやかけんポイント)

イメージとしては以下のような感じです(ANAマイルからモバイルSuicaの場合)↓

※それぞれのポイントクラブによって交換可能なカードが異なりますので、よく確認した上でご利用下さい。ANAマイルから交換可能なポイントは以下のリンクをご参照ください↓

http://www.ana.co.jp/amc/reference/tukau/point/(ANAマイレージクラブHP・提携ポイントへの交換)

この方法を使えば、他の場所で貯まったポイントで名古屋~京都まで、無料で電車に乗ることもできます。

さいごに

新幹線の場合と比較し、鉄道そのものではお得な乗車方法の少ない在来線の名古屋~京都間。先程の3.で紹介した方法はポイントで電車に乗るひとつの方法となります。また折を見て紹介しようと思いますが、航空会社のマイル等鉄道会社以外のポイントを活用し、電車に乗る方法はいくつかあります。

今回の3.はその一例ですが、特急券を別途購入すれば新幹線への乗車も可能になりますので、航空会社等のマイルやポイントのある方は是非試してみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*