近鉄一の豪華列車・しまかぜ

「しまかぜ」とは近畿日本鉄道で走行している近鉄特急最上位の種別です。2013(平成25)年の伊勢神宮式年遷宮のタイミングに合わせて運行されました。通常の特急との互換性を一切持たず、車内のグレードも他の特急車両とは大きく異なっています。今回は、この「しまかぜ」について紹介していこうと思います。

しまかぜとは・しまかぜの車内設備

しまかぜは以下の区間で運転されています。全て伊勢志摩方面へ向かいます。なお、大阪・京都方面と名古屋方面では先頭となる号車が異なりますので、併せて書いておきます。

しまかぜ運転日・運転区間

大阪難波~賢島(賢島方が1号車・大阪難波方が6号車・火曜日運休(多客期除く))

大阪難波10:40発→賢島13:02着

賢島16:00発→大阪難波18:22(土休日18:21)着

京都~賢島(賢島方が1号車・京都方が6号車・水曜日運休(多客期除く))

京都10:00発→賢島12:47着

賢島14:50発→京都17:38着

近鉄名古屋~賢島(名古屋方が1号車・賢島方が6号車・木曜日運休(多客期除く))

近鉄名古屋10:25発→賢島12:26着

賢島15:40発→近鉄名古屋17:44着 

※しまかぜの運行日・ダイヤ・料金についてはこちらを御参照下さい↓

http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/schedule/(近鉄特急しまかぜHP)

 

従来近鉄特急の車両には、レギュラーシートとDXシート(アーバンライナー・伊勢志摩ライナー・さくらライナー)という2つのグレードの席と、グループ向けのサロン席(伊勢志摩ライナー)・階下席(ビスタカー2階建て部分の1階・最大6人で使用可)というバリエーションで座席がありましたが、「しまかぜ」はそれらを大きく上回る座席・車内設備を持っています。ここでは、その車内について紹介していこうと思います。

・プレミアムシート(1・2・5・6号車)

しまかぜの標準となる座席です。本革張りの3列シートが並んでいます。1号車・6号車の前よりは2枚目の写真のように前側の景色を見ることのできる展望シートとなっています。

座席と座席の幅は125センチと、私鉄では最大、JRを含めてもE5・H5系、E7・W7系のグランクラスのシート(130センチ)に次ぐ幅を誇るシートです。各座席背面・肘掛からのテーブル、電動レッグレスト、読書灯、コンセントがついており、腰部の高さを調節してくれるエアクッションとなっています。

近鉄特急の中で次に広い、アーバンライナー等のデラックスシートが105センチなので、差は歴然としています。しまかぜの個室・サロン席以外の乗客用の座席は全てこのシートとなります。

・サロン席(大阪難波・京都発では4号車、名古屋発では3号車)

4~6名向けのグループ席となります。座席は回転・リクライニングせず固定となっています。大型テーブルも設置されています。写真には写っていませんが通路との間には仕切り板が設置され、プライベート感が高くなっています。なお、座席上部には荷物棚も設置されています。テーブルの下にコンセントも付いています。伊勢志摩ライナーのサロン席が2人用・4人用となっているため、より大人数での利用が可能となっています。

・和風個室(大阪難波・京都発では4号車、名古屋発では3号車)

しまかぜ6両編成中1部屋しか設置されておらず、最も予約がとりにくい座席(個室)です。しまかぜ運行当初は1枚目の写真のタイプのみ(第1・第2編成)でしたが、京都発のしまかぜが運行開始されたことにより、内装が変更された2枚目の写真の個室(第3編成)が設置されました。

室内にはテレビ・音楽・子供向けのアニメ・運転席のカメラからの前面展望の映像・車内設備のご案内・現在地の案内等が見られるモニターと操作パネルが設置されています。コンセントとプラズマクラスターも設置されています。また、テーブルの上にはカフェ車両からスタッフの方を呼べるボタンもあります。室内は土足禁止のため、入口のところには靴を入れる下駄箱も用意されています。カフェ車両のメニューを室内で食べることが可能です。

・洋風個室(大阪難波・京都発では4号車、名古屋発では3号車)

こちらも和風個室同様、しまかぜ6両編成中1部屋しか設置されておらず、最も予約がとりにくい座席(個室)です。こちらは和風個室とは違い編成ごとの内装の違いはありません。床はビニール張りの様に見えますが、カーペットが敷かれています。

洋風個室の場合は操作パネルは壁面になりますが、和風個室と同じテレビ・音楽・子供向けのアニメ・運転席のカメラからの前面展望の映像・車内設備のご案内・現在地の案内等が見られるモニターと操作パネルが設置されており、コンセントとプラズマクラスターも設置されています。また、テーブルの上にはカフェ車両からスタッフの方を呼べるボタンもあります。こちらにはモニターの横に、和風個室には無い鏡が設置されています。カフェ車両のメニューを室内で食べることも可能です。

・カフェ車両(大阪難波・京都発では3号車、名古屋発では4号車)

2階建のカフェ車両が設置されており、軽食・スイーツなどを食べることもできます。2階が13席、1階が6席です。こちらも和風個室同様編成によって内装に差があり、第3編成は写真と異なる内装となっています。

こちらで食べられるメニューとしては、海の幸ピラフ、松阪牛カレー、神都ビール等伊勢志摩にちなんだメニューやおつまみ等があり、カフェ車両入口のカウンターでは伊勢志摩のお土産や、しまかぜのグッズの購入もできます。ただし、列車内である性質上、食べられるメニューや置いてあるお土産の種類にも限りがありますので、できれば伊勢志摩の現地で楽しまれる・購入されることをお勧めします(特にお土産)。しまかぜのグッズはこの車内でしか購入できないものもありますので、是非乗車中に見てみて下さい(個数限定の商品もあります)。

カフェ車両の具体的なメニューについてはこちらを御参照下さい↓

http://www.kintetsu.co.jp/senden/shimakaze/service/menu.html

しまかぜの停車駅

ここではしまかぜの停車駅について記載していきます。

近鉄の最上位種別だけありかなりしぼられています、図も載せておきます。

大阪難波発・・・大阪上本町・鶴橋・大和八木・伊勢市・宇治山田・鳥羽・鵜方

京都発・・・近鉄丹波橋・大和西大寺・大和八木・伊勢市・宇治山田・鳥羽・鵜方

近鉄名古屋発・・・近鉄四日市・伊勢市・宇治山田・鳥羽・鵜方

御覧のように、主要駅のみですが伊勢志摩観光に重点を置いた停車駅とも言えます。特に大阪難波・京都発では各地域の主要な乗換駅(近鉄丹波橋・・・京阪電鉄と接続、大和西大寺駅・・・奈良・生駒方面と接続、大和八木駅・・・橿原神宮・吉野方面と接続)のみに停車しています。

なお、名古屋発は停車駅が名阪特急の全列車停車駅の津ではなく、近鉄四日市が停車駅となっている点に注意して下さい。これは、津→伊勢志摩方面だと乗車時間が短い(津~伊勢市・宇治山田まで特急で30分程度で着いてしまう)ことや、近鉄四日市駅の乗降客数が名古屋線で近鉄名古屋駅に次いで多く(大和西大寺駅とほぼ同数、大和八木駅より多い)、伊勢志摩までも程良く離れていることが理由のようです。

また、しまかぜの運行開始前に、志摩スペイン村の最寄り駅が志摩磯部駅ではなく鵜方駅に変更となったため、他の特急は全て停車する志摩磯部駅にも停車しませんので注意して下さい(志摩スペイン村へのバスは志摩磯部駅からではなく鵜方駅より出ています)。

近鉄の駅別乗降人員について詳しくは・・・http://www.kintetsu.co.jp/tetsudo/koutsu.html(近鉄駅別乗降人員)

しまかぜ雑記

本来ならば、こちらでしまかぜで行ける伊勢志摩の主な観光地について書くところですが、以前の記事でそれについては書いていますのでそちらをご参照ください↓

http://rail-dream.net/iseshrine/ (平成28年12月30日投稿・4つのポイントで理解する、電車で行く伊勢神宮と伊勢志摩!)

ここでは簡単にしまかぜの予備知識に触れ、この記事を終わろうと思います。

・しまかぜの車内では車内販売・カフェ車両とも交通系電子マネー(Suica・TOICA・ICOCA等)でのお支払いが可能です。

・しまかぜの車内限定商品(ストラップ・タオルハンカチ等)は早く売り切れになる傾向があり、また、カフェ車両も土日祝日は混雑する傾向があるため、早めに並んでおくことをお勧めします(しまかぜが始発駅発車後15~30分程度でオープンします)

・運行開始から3年経った今でも人気の列車で、座席数も他の特急車両と比べると全体的にかなり少ないため、発売開始直後(出発日の1か月前、3月31日等前月に同じ日が無い場合は、出発日の月の1日より発売)になるべく特急券を購入しましょう(当日購入では乗車できない場合も多いです)。

・特急券の購入には近鉄のインターネット予約サービスが便利です、こちらの予約サービスならばシートマップから座席の指定も出来ます。また、サロン席や洋風・和風個室の予約もできます。ネット予約の方が駅での購入よりも早くとることが出来る場合も多いです。特に個室を狙う場合であれば、ネット予約をお勧めします→詳しくは・・・http://www.ticket.kintetsu.co.jp/M/MZZ/MZZ20.do?op=pDisplayServiceMenu(近鉄インターネット予約HP)

・希望の座席・個室がとれなくてもこまめに空席情報をチェックしていると、キャンセルが出て特急券をとれることがあります。仮に希望の日が満席だったとしても、あきらめずにキャンセル待ちを狙うと意外と入手できることが多いです。私もキャンセル待ちで和風個室の券をとることができました。

長々と書いてしまいましたがこの記事を読み、「しまかぜ」のことを詳しく知られ、旅の一助になればと思います。観光名所も多く、美味いものも多い伊勢志摩。「しまかぜ」に乗って是非足を運んでみて下さい。

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*