北海道の特急列車と3月からの変化

凍てつく大地北海道、この北の大地にも厳しい寒さに耐え、走り抜ける特急列車がいます。

今回はその特急列車について取り上げていこうと思います。

北海道の現在の特急列車

広大な北の大地を駆け抜ける北海道の特急列車、現在のところ全ての特急列車が札幌駅を始発としています。こちらではその特急列車について紹介します。

なお、2017年3月4日のダイヤ改正から、特急列車の運行体系が大幅に変わりますので、その点については後述します。

なるべく同じ方面の列車は同列でまとめておきます。

2017年1月現在の北海道の特急列車(北海道新幹線を除く)

・スーパー宗谷(札幌~稚内・1日2往復)   ・サロベツ(札幌~稚内・1日1往復)

・オホーツク(札幌~網走・1日4往復)      ・スーパーカムイ(札幌~旭川・1日23往復)

・スーパーおおぞら(札幌~釧路・1日6往復)   ・スーパーとかち(札幌~帯広・1日5往復)

・スーパー北斗・北斗(札幌~函館・1日合計12往復) ・すずらん(札幌~東室蘭・室蘭・1日6往復)

※スーパー北斗と北斗の違いは使用車両による(スーパー北斗の方が車両が新しい)

※なお、2016年の台風災害により運休していた区間もありましたが、現在は運行再開されています。

※新千歳空港で北海道に入った場合は、上記のオレンジ色の列車は新千歳空港駅隣の南千歳駅でも乗換が可能です(南千歳駅には全ての特急が停車します。また、札幌発よりも料金が安くなります)

これからの北海道の特急列車

さて、2017年3月4日のダイヤ改正後の動きについても紹介しておきます。

JR北海道が経営的に厳しく、新造車両を作るゆとりが無いため限られた車両を最大限活かすようなダイヤ改正となっています。どちらかというと改悪の側面も目立ちます。

2017年3月4日以降の特急列車(北海道新幹線を除く)

・スーパー宗谷(札幌~稚内・1日2往復)   ・サロベツ(札幌~稚内・1日1往復)

スーパー宗谷は宗谷に名称変更。宗谷(札幌~稚内・1日1往復)、

                サロベツ(旭川~稚内・1日2往復)に変更。

※札幌~旭川はライラックに変更。旭川で同一ホーム上で乗り換え、特急料金はこれまで同様通しで計算。

※宗谷・サロベツは同一車両になります。サロベツにグリーン車が新たに設定されます。

 

・オホーツク(札幌~網走・1日4往復)

札幌~網走間のオホーツクは2往復に削減。

 残り2往復は大雪(旭川~網走・1日2往復)に変更。

※札幌~網走はライラックに変更。旭川で同一ホーム上で乗り換え、特急料金はこれまで同様通しで計算。

※オホーツク・大雪は同一車両になります。大雪にもグリーン車が設定されます。

 

・スーパーカムイ(札幌~旭川・1日23往復)

スーパーカムイの車両で運転されている車両はカムイに名前を変更。

 スーパー白鳥(新青森~函館)として運転されていた車両を使用し、ライラック復活。

 ライラック・カムイの合計で1日24往復(+1往復)。

※ライラックは2007年まで走っていましたが、スーパーカムイに変更となったことで愛称消滅していました。

※ライラックにはグリーン車も設定されます。

 

・スーパーおおぞら(札幌~釧路・1日6往復)   ・スーパーとかち(札幌~帯広・1日5往復)

・スーパー北斗・北斗(札幌~函館・1日合計12往復) ・すずらん(札幌~東室蘭・室蘭・1日6往復)

→今回の改正では大きな変更はありませんが、スーパーとかちの時刻が一部変更されます。

また、1往復が北斗→スーパー北斗に変更され、所要時間が短縮されます。

詳細はJR北海道の関連ページをご参照ください↓

https://www.jrhokkaido.co.jp/new/0304daiya/index.html(JR北海道ダイヤ改正関連ページ)

北海道の特急の傾向

ここまで北海道の特急列車を紹介してきましたが、北海道の特急には本土の特急にない傾向があります。

ここでは少しだけ紹介していきます。もし、事実と相違する点がありましたら、コメントいただければ幸いです。

1・夏場よりも冬場の方が乗客が多い。

ご存知の通り、北海道の寒さは本州では考えられないくらい厳しく、都市間の距離も長いです(例・札幌~函館、約380Km)。

また、高速道路も未整備な箇所が多く、都市間でも途中からは国道の利用となる場合もあります。

そして、冬場は道路も凍結し危険な為、道内に住んでいる方でも長距離の車移動は避ける傾向があります、また、雪の量も非常に多いです。

このため、夏場は車で移動している道内の方も、冬場の都市間の移動は鉄道を利用される方が多いようです。

2・グリーン車から座席が埋まる傾向がある。

JR北海道の特急も長距離の移動となる列車にはグリーン車がついています。

北海道の都市間連絡の特急は距離も長く、乗車時間も全体的に長いです(グリーン車のある列車を記載)。

例:札幌~函館間、スーパー北斗・北斗・・・約3時間30分

札幌~北見間、オホーツク・・・・・・・・・・・約4時間40分  札幌~網走間、オホーツク・・・約5時間30分

札幌~名寄間、スーパー宗谷・サロベツ・・・約2時間40分

札幌~稚内間、スーパー宗谷・サロベツ・・・約5時間10分~50分

札幌~帯広、スーパーおおぞら・スーパーとかち・・・約2時間30分~50分

札幌~釧路、スーパーおおぞら・・・・・・・・・・・・・・・・・約4時間20分

おとくなきっぷ等でグリーン車が割引になるきっぷはフルムーンのパス以外には無いようですが、

同じ座席に3時間以上座ると、お尻も痛くなってきます。

少しでも快適に時間を長い乗車時間を過ごしたいこと、

北海道の特急列車は座席数が少ない(スーパー宗谷・オホーツクは半室グリーン車)列車もあり、

グリーン車から先に満席になることも多いようです。

3・繁忙期・閑散期が本州と異なる。

JRの特急料金には、乗客の多い・少ない時期に合わせて繁忙期・閑散期があり、指定席料金が多少違います。

繁忙期・閑散期の詳細については以下のカレンダーを御参照下さい↓

http://www.rosenzu.com/kikaku/cal2017.pdf(路線図ドットコム繁忙期・閑散期カレンダー)

繁忙期(年末年始・5月の大型連休・春休み期間・夏休み期間等)は通常期の特急料金に+200円、

閑散期(旅客流動の少ない期間の月~木曜日)は通常期の特急料金にー200円となります。

なお、自由席利用時・グリーン車利用時の特急料金(いずれも通常期より―510円引き)は時期を問わず同じです。

なお、北海道内のみ特急を利用の場合は、閑散期・繁忙期は無く料金は通年同じです。

JR北海道内の特急は、おとくなきっぷ・ネット予約(3月からはJR東日本のえきねっとに統合)・金券ショップ等でお得に購入できる商品が多いので、是非探してみてください(片道・往復ともあります)。

まとめ

北海道の都市間の旅客流動は決して多くは無く、札幌~旭川、札幌~東室蘭等を除けば特急列車の本数も比較的少ない傾向があります。また、近年は料金の安い高速バスと競合している区間もあり、JR北海道にとっても厳しい経営を強いられています。

しかし、高速バスよりも事故率は低く、特に冬期間においても定時運行が確保されている北海道の特急列車、旭川・帯広・函館・釧路等観光に有名な都市も多いため、是非北海道観光に活かしてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*