日本一のネットワーク、広島の路面電車

自分が名古屋地区に在住しており、このHPの記事内容も名古屋・大阪を中心としたものが多くなっていました。

今回は名古屋・大阪を離れ、広島の路面電車について取り上げていこうと思います。

広島の路面電車

広島の路面電車は、上の路線図のように広島市のJR山陽本線より南側を中心に、幅広いネットワークを持っています。

広島の路面電車は現在すべて広島電鉄株式会社が運行していますが、明治43年の広島電気軌道株式会社が設立され、大正6年広島瓦斯と合併後し広島瓦斯電軌株式会社(現在の広島ガス)となり、昭和17年に運輸事業を分離して広島電鉄が設立されたのが始まりです。昭和20年の原子爆弾の投下により、本社が移転していた時期や、昭和30~42年までは球団の広島カープの球団社長を広島電鉄の社長が兼任していた時期もありました。

広島電鉄は現在、広島市内に軌道線(道路上に線路のある路線)6路線と広島市内と隣の廿日市市内に鉄道線1路線の合計35.1Kmの路線があり、路面電車の路線延長としては日本一の距離となっています。

以下に簡単に広島電鉄の路線を紹介していきます。

※路線名と走行している系統が区間によって異なるので、ここでは路線名を優先して紹介します。

軌道線(各停車場の名称は電停)

・本線(ほんせん) 広島駅(M1)~広電西広島(M19) 5.5Km 

・宇品線(うじなせん) 紙屋町(紙屋町東・紙屋町西)(M9)~広島港(U18) 5.7Km

※紙屋町は紙屋町東・紙屋町西を同一電停として取り扱っています。

・江波線(えばせん) 土橋(M13)~江波(E6) 2.6Km

・横川線(よこがわせん) 十日市町(M12・Y1)~横川駅(Y5) 1.4Km

・皆実線(みなみせん) 的場町(M3・H3)~皆実町六丁目(U9) 2.5Km

・白島線(はくしません) 八丁堀(W1)~白島(W5) 1.2Km

鉄道線(各停車場の名称は駅)

・宮島線(みやじません) 広電西広島(M19)~広電宮島口(M39) 16.1Km 

次に実際に運転されている系統名で紹介していきます。

・1号線 広島駅~(紙屋町東)~広島港 所要時間49分

・2号線 広島駅~(八丁堀・広電西広島)~広電宮島口 所要時間68分

・3号線 広電西広島~(紙屋町西)~宇品二丁目(広島港・朝時間帯のみ) 所要時間40分(広島港52分)

・5号線 広島駅~(比治山下・皆実町六丁目)~広島港 所要時間32分

・6号線 広島駅~(八丁堀・土橋)~江波 所要時間39分

・7号線 横川駅~(十日市町・紙屋町西)~広電本社前 所要時間27分

・8号線 横川駅~(十日市町・土橋)~江波 所要時間23分

・9号線 (江波~土橋~)八丁堀~白島 所要時間8分(八丁堀~白島)・37分(江波~白島)

     ※江波~八丁堀は平日6往復、休日5往復のみの運転

ここで紹介したように、路線名と運転系統が一致せず複雑なため、乗車の際は注意してください。

広島の路面電車の乗り方・運賃

ここで、広島の路面電車の乗り方・運賃についてご紹介します。

・広島の路面電車の乗り方

広島の路面電車には単車(1両編成)の電車と連接車(3両編成)の電車があります。

単車(1両編成)の乗り方・・・進行方向後ろ側のドアから乗車、前側のドアから下車

連接車(3両編成)の乗り方・・・車体中央の2か所のドア(1両目の後側のドア・2両目のドア)から乗車、両端(1両目の前側のドア・3両目のドア)から下車

なお、車掌のいない車両の場合は路線バスの様に車内の降車ボタンを押して知らせる必要があります。車掌が乗車の場合は押さなくても大丈夫です。

・広島の路面電車の運賃

市内線(2号線広電西広島~広電宮島口以外の区間)と鉄道線(広電西広島~広電宮島口)で異なります。どちらの路線も運賃は乗車後支払いする後払い方式です。

市内線の運賃・・・大人160円・小児80円均一(白島線のみ乗車の場合大人110円・小児60円均一)

鉄道線の運賃・・・区間により異なります。鉄道線(広電西広島~広電宮島口)のみ乗車の場合、大人210円・小児110円。市内線との連続乗車の場合最大で大人260円・小児130円(広島駅~広電宮島口等)。

なお、現金だけでなく交通系ICカード(ICOCA等)の利用も可能です

運賃は運賃箱に入れてください(日中の広電宮島口では出口改札で支払。広島駅等主要電停やイベント時の電停では係員が運賃箱と待機しているのでそちらで支払)。一日乗車券(後述)の場合は、運転士・係員に見せるだけで良いです。

なお、各線の接続駅である広電西広島、土橋、十日市町、紙屋町(紙屋町東・紙屋町西・本通)、八丁堀、的場町、皆実町六丁目及び、系統の起終点となる日赤病院前(下りのみ)、広電本社前、宇品二丁目の各電停では以下の条件で、当日乗り換える場合は通しの運賃での乗車ができます。

・乗車電停から目的地までの直通運行系統がない場合

・乗換指定電停まで行けば、目的地までの電車の運行本数が増える場合

現金での運賃の支払いの場合は、最初の電車で支払をした際に「乗換券」を受け取り、次の電車で「乗換券」と必要な場合は差額を支払います。ICカードの場合は、乗換時間が30分以内であれば通常通りの使用で割引が自動的に適用されます。

また、お得な乗車券として以下のものがあります。

・電車一日乗車券(大人600円・小児300円で広電の路面電車全線乗り放題)

・広島ピースパス(大人700円・小児350円で広電の路面電車全線と、広島市中心部の路線バス(ひろしまめいぷる~ぷ含む)に乗り放題)

・一日乗車乗船券(大人840円・小児420円で広電の路面電車全線と、宮島松大汽船(宮島口~宮島)に乗船可能。宮島ロープウエイ等提示で割引あり)

路面電車利用の目的や用途に応じて使い分けると良いと思います。

これまで紹介したことについては、こちらのリンクもご参照ください→(http://www.hiroden.co.jp/train/index.html・広島電鉄株式会社HP)

路面電車を利用した主な観光地までのアクセス

次に、路面電車を利用した広島の主な観光地までの行き方を紹介しておきます。山陽新幹線との接続駅でもある広島駅から各観光地までの行き方となります。なお、乗換回数の少ない系統を優先して紹介します。

宮島(厳島神社)

広島駅から2号線乗車、広電宮島口下車。宮島口桟橋よりフェリーで10分。

JR山陽本線広島~宮島口の利用でも可能です(こちらの方が所要時間は短いです)。

・原爆ドーム・平和記念公園

広島駅から2号線・6号線乗車。原爆ドーム前下車。

・広島城

広島駅から1号線・2号線・6号線乗車。紙屋町東下車徒歩15分。

・縮景園

広島駅から徒歩10分、

または広島駅から1号線・2号線・6号線に乗車し八丁堀で9号線に乗換、縮景園前下車徒歩2分。

・MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

広島駅から徒歩10分、

または広島駅から1号線・2号線・5号線・6号線乗車、的場町下車徒歩10分。

被爆電車650形電車

最後に今も残る被爆電車650形の651号車・652号車について取り上げておこうと思います。

この記事を読んでいる皆様もご存知かと思いますが、1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、世界で初めて広島市に原子爆弾が投下されました。原爆投下についてはこちらのリンクから詳細をご覧いただけますが(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%88%86%E5%BC%BE%E6%8A%95%E4%B8%8B・wikipedia 広島市への原子爆弾投下)、広島市内中心部は原子爆弾により壊滅的な被害を受け、広電でも123両あったうち108両が被災、軌道の被害は全路線合計35Kmのうち28Kmにおよび、広電関係の建物も1棟を除き50棟すべてが損壊、当時の社員1241人のうち185人が死亡と大きな被害がでました。

原子爆弾投下により大きな被害はでたものの、宮島線は翌8月7日には一部で運行再開、翌々日の8日には全線で運行再開し、市内線についても早いところで被爆から3日後の8月9日には一部区間で運転を再開し、途方に暮れる市民を大きな勇気づけることとなりました。

この時被爆した車両のうち、650形電車の651号車と652号車(上の写真)が現在も平日の朝ラッシュ時、1号線・3号線・5号線で運転されています。また、原爆投下日の8月6日には必ず運行され、原爆ドーム前電停に投下時刻の8時15分に着くようなダイヤで運行されます。また、平和学習用に貸切ることも可能で、修学旅行で広島市に訪れた学生によく利用されているようです。

また、広島市への原爆投下時刻8月6日の午前8時15分には他の列車も最寄りの電停に停車し、1分間の黙祷が捧げられます。

このように戦前から広島市に根付き、原子爆弾投下にも負けず立ち上がり、広島と共に歴史を歩んできた広島の路面電車。観光やビジネス等で広島にお越しの際は歴史を感じながら是非乗車してみて下さい。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*